Entry

趣味はパソコン

2004年03月04日

「パソコンが趣味」って言葉をたまに聞くけれど,この言葉に恥ずかしさを覚えるのは私だけでしょうか。「ワードが使えるくらいでパソコン通を気取るな」とか,「パソコンヲタクなる人種はそもそも恥ずかしい存在だ」とか,そういう意味じゃなくて,言葉としておかしいんじゃないかと思うんです。

たまに,こんなこと聞く人にも出くわします。

パソコンやりたいんだけど,何買えばいいかな。

「パソコンを買え」と言いたくなります。善意に解釈して,購入すべきパソコンの機種を聞いているとしても,「パソコンをやる」ということが,一体どいうことなのか分からないので,結局答えに詰まってしまいます。

そもそも,パソコンというのは,語尾に「スル」や「ヤル」を付けて動詞になるもんなんでしょうか。

普通,趣味に名詞を使うときは,「野球」とか「切手集め」とかいった感じで,動詞にできるもんです。正式には,「野球をすること」や「切手を集めること」だけど,具体的に何をするか分かるから省略してるだけです(多分)。「音楽」や「写真」みたいに,具体的に動詞を補わないといけないこともあるけれど,大体何をするか候補が挙がります(「音楽を{演奏|鑑賞}する」,「写真を{撮影|収集}する」)。

パソコンの場合は,「パソコン」といわれても適切な動詞が見あたりません。強いて言うなら「使う」でしょうか。いずれにしろ,何をするのか分りません。

要するに,「パソコン」ってのは「箸」とか「ボール」とかいったものと同じで,何かをするための「手段」や「道具」であるのが普通で,それそのものが趣味の対象になるものじゃないと思うんです。例えば,「パソコンで絵を描くこと」が趣味なんだったら,趣味は「絵を描くこと」であって,「パソコン」ではありません。「パソコンで音楽を作ること」,「パソコンでウェブサイトを運営すること」,「パソコンで買い物すること」,「パソコンで FreeBSD を hack すること」……なんでもそうです。

私の場合,「趣味はパソコン」と聞くと,無理して自分の趣味に箔を付けてるかのように見えてしまうんです(実際,付いてるのかは分からないけれど)。

そういえば,AIAN が初めて触ったパソコンは,NEC の PC-8801FE だったけど,当時,「趣味はパソコン」なんて言葉は禁忌でした。この言葉には,「エロゲームに耽ってる」とか「ヲタクな人」とかいった,特定のイメージがあったからです(今は昔,「パソコンヲタク」なんて言葉はなくて,「ヲタク」は「ヲタク」だった)。もっとも,たとえそうであっても,「パソコン」が趣味として成立できたというのは,今からすると注目に値します。

反対に現在では,いろんな人がいろんな目的でいろいろできちゃうだけに,「パソコン」と言っただけでは,何も語ってないのと同じことになっちゃうようです。

どっちにしても,「趣味はパソコン」……恥ずかしい言葉だと思うのは私だけでしょうか。

熱く語る程のことでもないですけど。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN