Entry

Windows らしさ,Linux らしさ

2004年04月16日

リンドウズ、MSに屈し『リンスパイア』に改名」 (Hotwired Japan

詳しい話は,Linspire.com の Press Release をどうぞ。

やっぱり MS を相手に喧嘩するのは大変だったみたいですね……。別に Lindows の応援をしてたわけじゃないけど,戦況は悪くないと思ってたので意外でした。Linspire.com のロゴマークを見ると,なんとも切なくなってしまいます。

ところで,Lindows が出たときから思っていたことですけれど,Linux を Windows に似せるというのはそんなにメリットがあることなんでしょうか。Lindows 使うなら Windows を使えばいいわけだし,逆に Lindows は Linux かと聞かれたら,ちょっと「?」なところがあるもんで……。

私は「伽藍とバザール」みたいな教条的なことはよく分からない(というか,どうでもいい)んですけど,Linux はわざわざ Windows に自分を対置する必要は無いんじゃないかと思っています。あらゆる Windows 的なモノを遠ざけろとまではいわないけれど,真似するだけなら本家にはかなわないからです。「Linux らしい」 Linux で突っ走るディストリビューションが1つや2つあってもいいと思うんですけどね……(近頃は「Linux らしさ」なるものも,かなり変容しているみたいですけど)。あ,slackware ですか。

逆に,Linux が Windows に近づくことに懸念もあります。

たしかに,Windows のインターフェイスは優れたものだし,PCを扱う上での標準になっています。でも,その反面,これを強調しすぎるせいで,「Unix としての Linux」にもともと備わっている利点が失われてしまうような気がしてなりません。「Windows みたいな Linux 環境」というのは,多くの人が求めているようですけれど,個人的には Linux が WIndows らしさを求めすぎるあまり,「角を矯めて牛を殺す」ようなことになっているような気がします。

そのうち,『Linux の超激ウラ技!』とかいう雑誌ムックが出て,

「とっておき画像をぶっこ抜くっ!」

一般には「隠しコマンド」とされている awk を使って……

みたいな特集が組まれないかと,ハラハラしてしまいます。杞憂でしょうか。所詮,Kernel からはほど遠い俗な世界(Userland)での話なんですが……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN