Entry

P2P の行方

2004年05月11日

どこまで問えるソフト開発者の責任 ウィニー逮捕の波紋」(アサヒ・コム

Winny を勝手に「ウィニー」と表記するのはどうかと思うんですけど,大したことじゃないですね。

今回の被疑事実は著作権法違反の幇助だそうです。幇助ってのは「手を貸す」ってことなんですけど,どこまでやったら「手を貸した」ことになるのかってのは,結構微妙なところがあるようです。

ソフトを作っただけで幇助になっちゃうのか。それとも,そのソフトを配布すると「手を貸した」ことになっちゃうのか。はたまた,著作権侵害が起きていることを知っていながら,さらにソフトを開発したり配布したりすると幇助犯になるのか……微妙ですね。刑事法学的には美味しいネタかもしれませんけど。

もっとも,

切れ味のいい包丁を作ったからといって、包丁が悪用された場合、包丁を作った人まで悪いというのはおかしい

というのは,ちょっと乱暴なんじゃないかな……。

法律的な議論はさておくとして,この Winny というソフト,P2P 技術としては画期的なものなだけに,悪いイメージがついてしまうのはとても惜しいです。PC はもちろんですけど,ケータイやカーナビみたいにリソースの少ない端末にとっては,大きな効果が期待されてるわけですから。まさに「これから」って技術ですもんね。

いうまでもなく Winny のいいところは,他の端末と自由に情報を共有できるところです。今までは,他人のサーバを借りたり,個人でサーバを立てなきゃいけなかったりと面倒ばかり先に立っていたけれど,Winny ならソフトを入れるだけで万事解決です。

ただ,その一方で Winny は著作物も共有できるわけで,Web 上で著作物をダウンロードすることには,「ドロボウをしている」感覚が少ないのもたしかです。なんの障害もなく著作物にアクセスできる環境があるなら,それを使うことに抵抗を覚えることはあまり無いでしょうし……。P2P が目指すところは,端末どうしのシームレスな連携だそうなので,もしかすると P2P の目的とドロボウ感覚がないことは,同じ方向を向いているのかもしれません。

ドロボウ感覚が無いことが P2P の目的だとすると,これはちょっと厄介な問題になりそうです。

個人的には,この問題,技術の欠陥を云々する前に,Web における著作権のありかたの方から考えていくのがいいような感じがします。著作権周りの理解があまり無いのもさることながら,理解がある人にとっても Web にある情報にどんな著作権がかかっているのか分かりにくいからです。人のモノを盗ったらドロボウですけど,Web 上の情報は「人のモノ」なのか「ご自由にお取りください」なモノなのか,そもそも分かりづらいんです。

こういう問題は前々から指摘されているところですけれど,今まで問題にならなかったのは,S/C システム上で責任の所在がそれなりによく分かったからでしょう。Web 上で著作権をどう管理するかといった根本的な問題は,P2P が登場したことで初めて明らかになった感があります。これからますます拍車がかかるんじゃないでしょうか。そう考えると,今回の逮捕は(法的な議論は別にして)スケープゴート的な意味合いが強いようにも思えます。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN