Entry

ガイライゴ→外来語

2004年06月30日

第3回 『外来語』言い換え提案(中間発表)」(国立国語研究所「外来語」委員会

外来語がその国の言葉を豊かにする側面があることは否めませんけど,この頃,外来語を乱発するせいで,逆に文脈が意味不明になっていることがままあります。その意味不明を利用して,えらぶる文章にもしばしば出会ったりして……。そういう場合,大抵話している本人も,正確な意味が分かってなかったりして……。

人から聞いた話によると,日本語には柔軟に(節操無く?)他の言葉を受け入れる素地があるようなので,ある程度の需要はあってしかるべきなのかもしれません。例えば,「討論(debate)」,「演説(speech)」,「版権(copyright)」なんて言葉が,福沢諭吉の造語だってのは有名ですけど,今では学問や生活に欠かせない言葉になってますしね。造語と外来語はちょっと事情が違うのかな。

国立国語研究所が提案している言葉を見てみると,概ね,経済用語や経営用語のようです。実際,そのテの文章を読んでいると,日本語で言える言葉をわざわざ言い換えているものが目に付きます。「breakthrough」とか「skil」とか「conference」とかって,日本語にしてもさほど意味は変わらないし,こっちの方が簡便だと思うんですけどね。それとも,日本語に不自由な人が使ってるんでしょうか。

日本語が使えるにもかかわらず,あえてこういう言葉を使いたいなら,カタカナ発音(表記)じゃなくて外国語の発音(表記)で話す(書く)べきだ……というのは,極論でしょうか。いいおっさんが,「initiative」を「いにしあちぶ」とか言ってるのを見ると,こっちが恥ずかしくなってしまうもんで(しかも「し」の部分にアクセントがある)。

本来ならば,日本語にない概念を外国語から取り入れるってのが本筋なんでしょうけれど,今の横文字はただカッコツケることが中心で,かえって意味が混乱しているように見受けられます。その点,言い換え提案も第1回,第2回と見てきて,だんだん良くなっている感じ。今回の中間報告も,結構いい線いってるように思います。

ところで,AIAN が近頃気になるのは,(主に)女の子が「チョコレート(chocolate)」を「ショコラ(chocolat)」と言い換えること。

英語みたいな日本語より,フランス語みたいな日本語の方がカッコイイようです。どちらもアクセントの位置をわざわざ変えてるところが面白いですね。そういえば,「ショコラ」の方が太らない感じがするような……(しない?)。

ちなみに,「ショコラ」や「チョコレート」に漢字を当てると,「知古辣」とか「猪口冷糖」とかになるらしいです(参照:「チョコレートの語源」(株式会社セイワ食品))。これはさすがに音を当てただけみたいなので,カタカナ語の方がしっくりきますね……。どうでもいいことですけど。

Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN