Entry

続々登場

2004年07月09日

ファミコンミニ ディスクシステムセレクション

無限UPしているの図

少し前の話ですけど,GBA をやっとこさ手に入れてスーパーマリオで遊べるようになりました。当時苦労した無限 UP も楽々できちゃいます(右図)。そろそろ飽きてきましたけど……。

それはともかく,続々登場するファミコンシリーズ。今回はディスクシステムみたいです。バン○イがガン○ムフリークを煽るように,これでもかとおっさんのノスタルジーを誘う気なんですな……。分っていながら負けてしまうのが辛いところです。やられるがまま……サンドバッグです。もっとも,今回出たタイトルの半分はまだうちにあったりするので(本体無いけど),復刻という感覚はあまりありません……。

当時,ディスクシステムのディスクは ROM カセットに比べて安かったので,AIAN は専らディスクシステムで遊んでいたのでした。ROM カセットが 5000 円前後だったのに対して,ディスクは 2000 円くらいだったから,親にねだりやすかったんです。おこづかいくらいの価格で書き換えもできるというのも,なかなかそそるモノがありました。

新鮮味がないとはいえ,「リンクの冒険」はクリアしてないから,買っちゃおうかぁ……。そう思いつつ,「ニュースリリース」を読んでみると……

なお、現在発売中の「ファミコンミニ」第2弾につきましては、ディスクシステムセレクション発売をもちまして受注終了とさせて頂きます。

なんですとぉー!?ファミコン・ミニは第1弾・第2弾ともよく売れているにもかかわらず,何たる hit & away 戦法なんでしょう……。個人的にはこっちが無くなる方がイタイです。

GBA 買ったけれど,まだ「スーマリ」しか持ってません。「バルーンファイト」,無くなる前に確保しておかなくちゃ……。あと,「ディグダグ」と「ツインビー」も……(←既に任天堂の術中にはまっている)。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN