Entry

政治とスポーツ

2004年08月04日

小泉首相、アジア杯の反日問題で『温かく迎えてほしい』」(アサヒ・コム

日本代表は,苦戦したもののバーレーンも破って,やっとこさ決勝に進んだようです。やれやれ……,劇的な試合は見ている方も疲れます……。ともあれ,決勝進出,良かった良かった。一方,重慶から済南に決勝リーグの舞台を移しても,日本に対しては予想通りの大ブーイング。

彼ら,「反日サポーター」って名前まで付いちゃってるんですね。ここまで露骨にブーイングってのは,分かりやすい分だけブーイングの意味が無いような気がするんですけど,どうなんでしょう。

スポーツに政治問題を持ち出すってのは,それ自体野暮な話で,次期五輪開催国でやってることとは思えないんですけど,一歩譲って,政治問題を持ち出せるとしても,間に挟まれたヨルダンやバーレーンの立場は複雑なんじゃないかと思います。自分の身に覚えがないことで傷つけられるのは不条理だけど,身に覚えがないことで応援されるというのも,なんとも気持ちの悪いものですから……。ほめ殺しみたい。

こういうことは,日本と中国の間でやればいいわけで,あえて他国のチームを巻き込む必要はありませんよね。失礼ってもんです。今さっき,中国が決勝に進んだみたいなので,決勝では存分にブーイングしてもらいましょう。それで勝ったら文句ないでしょう。

とはいえ,雅虎中国(中国のYahoo!)の記事を見ていると,ブーイングしている人達は一部のようで,試合自体を見に来ているサッカーファンは,ブーイングに否定的なようです(参考:「ある大学生の重慶アジアカップな一日」)。中国国内でもこっちの方が多数派になって欲しいものです。中国語読めるのかって?翻訳サイトですよ。翻訳サイト。(←大学で中国語取ってたけど読めなかった人)

今回のことは反面教師にして,もし中国が日本で試合をすることがあっても,同じようなことが起きないようにしたいですね。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN