Entry

生まれる競技・消える競技

2004年08月26日

連日,オリンピックが盛り上がっています。日本の頑張りっぷりは,相当なもんですね。メダルの数は現時点で,金15個,銀8個,銅10個。久々に景気のいい話です。

メダルの数がこんなにも多いのは,もちろん,各選手の努力があったればこそです。他方で無視できないのが,もともと強かった競技が五輪競技に採用されたということ。そう,女子レスリングです。もっとも,競技に採用するかどうかといったことは,スポーツマンシップの外側にある話なので,「女子レスリングができたからメダルが増えた」なんて,正面から言うのは野暮なんですけどね。

オリンピックの競技というと,少し前から疑問に思っていたことがあったのでした。「なんでラグビーは競技に入ってないんだろう……」。ラグビーはサッカーに並んでメジャーな競技ですし,あっても不思議じゃないんですけどね。

引っ張り方が白々しいですか。実は,前もってちょっと調べておいたのでした。なんでラグビーが五輪競技に採用されないのかというと,「体力的に厳しくて16日じゃこなせないから」なんだそうです(参照:「解決!クエスチョン『五輪新競技はどんな基準で採用するの?』」(NHK高知放送局))。

そりゃそうですね。もちろん,他の競技も人並み以上に体力は必要ですけど,ラグビー程体力が必要でボディーコンタクトの多い競技もそうそうありません。ベストコンディションとは言わないまでも,2戦・3戦と競技ができるコンディションを維持していくのは至難の業でしょう……。

これまで,オリンピックというと世界中にある「メジャーな競技」を寄せ集めた大運動会だと思っていたんですけど,「メジャーでも採用されない競技」ってのもあるんですね。個人的に採用してもらいたいのは,ドッジボールなんですけど……これはメジャーじゃないからダメなのかな。大人が大真面目になってするドッジボールって,かなり迫力があって面白いと思うんですけどね。

ちなみに,オリンピックの公式サイトでは,採用を検討している競技を公開していたりします(参照:「RECOGNISED SPORTS」(THE OFFCIAL WEBSITE OF OLYMPIC MOVEMENT))。Chess とか Bridge ってのは,スポーツなんですか?

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN