Entry

UPSCAN CONVERTER 2

2004年10月17日

AIAN の部屋にはテレビがありません。普段,部屋ではラジオを聴いていて,テレビは居間で見ています。慣れているのでこれといった問題はないんですけれど,友人宅の部屋にテレビがあるのを見て,自分の部屋にもビデオ映像を表示できる機器があれば便利だなぁ,と思っていたのでした。

貧弱モニタでスト2の図

当たり前ですけど,ビデオ映像を表示するには,テレビを導入するのが一番手っ取り早いです。そう,普通に家電屋さんで売っているアレです。もっとも,アレを部屋に導入することはできません。うちの部屋には既にパソコン用の貧弱モニタ(15インチ)が居座っていて,2台目を置くようなスペースがないからです。導入するなら,この貧弱モニタにビデオ映像を出力するか,モニタを取り替えるしかありません。

貧乏 AIAN は,当然,前者を選ぶことになります……(くぅっ……)。ビデオ信号をパソコンモニタに表示するには,ビデオ信号の周波数を VGA のそれに合わせればいいわけで,この仕事をする機械をスキャンコンバータといいます。

スキャンコンバータといえば,「ELM」の Chan さんが自作しているんですよね(参照:「スキャンコンバータ」(ELM))。ただ,あたしはビデオ信号はからっきしだし,オシロのような測定機器も持ってないので,自作するのは困難です。そんなわけで,ここでは,出来合いのものを買うことにしました。

買ったのは,HORI の「UPSCAN CONVERTER 2」なる製品。図は,テスト代わりに PC Engine につなげてみた様子です。映ってます……。

まぁ……製品だから,映るのは当然ですね。さすがに PC Engine を直結するのももったいないので,ビデオデッキや DVD デッキをつなぐことになりそうです。ビデオデッキなら大抵コンポジットビデオの出力端子がついているから,ゲーム機を使いたいならビデオにつなげばいいわけです。

パッケージの中身はというと,以下のようなものが入っていました。

UPSCAN CONVERTER 2 のパッケージ

本体と VGA ケーブルの他に,PS2 やXbox につなぐためのケーブルが同梱されていました。ただ,この中で,よく分からなかった部品が,電源用の USB ケーブルです……。これをつなぐってことは,パソコンの電源を入れないといかんのではないだろうか……。

「まさかパソコンの電源オフ時も USB には電気が来てるとは……」と思いつつ隣のパソコンにある USB 穴に差し込んだところ……ウンともスンともいいません。そりゃそうですよね。電源ケーブルはコレしか同梱されていないので,標準では,パソコンがないと動かすことができないことになっているようです。

幸い,手元に秋月の「超小型スイッチングACアダプタ 5V1A」のプラグがピッタリ合った(2.1φ)ので,これを使うことにしました。UPSCAN CONVERTER 2 の消費電流は 450mA なので,1A まで流せるこのアダプタなら余裕です。それにしても,なんか理不尽な感じが……。

チェックした限りでは,画質も特に問題無いと思います。ただ,急遽用意したアダプタは,別に使い道があるので,常用することはできません。「貧弱ディスプレイビデオ化計画」は,当分サスペンデットです……トホホ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN