Entry

漫画みたい

2004年10月30日

天皇発言で民主代表が『何も言えないのはおかしい』」(アサヒ・コム

憲法4条まわりで,なんだか騒がしいことが起きているようです。

記憶によると,4条まわりでは,いわゆる「お言葉問題」というのが憲法問題になっているわけで,今回の発言は,(見方によっては)そんな微妙な問題を大幅に踏み越えているようにも見えるからです。

各方面で反響があるようですけれど,岡田氏は,

陛下も人間ですし、当然いろんなお考えをお持ちですから、何も言えないというのはおかしいと思う。

と言っているようです。「人間」かどうかってのが問題なんじゃなくて,国民主権における「国民」かどうかってのが問題だと思うんですけど……どうなんでしょう。また,4条まわりの解釈では「何も言えない」という解釈も無いわけじゃないけれど,主流は「言えることと言えないことがある」ってことを前提として,その限界や範囲に争いがあったように記憶しています……。その意味で,この発言は射程が曖昧で,結局何を言っているのかよく分かりません。考えがまとまってないなら,微妙なことは言わない方が金だと思うんですけどね。

ともあれ,ここではこんなことを言うつもりじゃなかったのでした(近頃前置きが長いなぁ)。憲法解釈はさていおいて,あの発言が出た状況は見物でした。まるで,漫画みたいなシチュエーション。

発言は,園遊会会場でありました。東京都教育委員の米長邦雄氏が,天皇に対して

日本中の学校で国旗を掲げ,国歌を斉唱させることが私の仕事でございます

と話しかけたところ,天皇が,

やはり,強制になるということではないことが望ましい

と述べたとのこと……。微妙な言い回しですけれど,都教委の期待していた言葉とは違っていたのは確かだったようです。天皇が政治発言できないという建前がある中で,あえてあの場で,政治的に議論のある国旗・国歌の話をネタにしたということは,天皇の肯定的な発言が返ってくるという見込みが相当程度あったように思えます。

あたしはもちろん園遊会にお呼ばれするような身分じゃないから,詳しいことは分からないんですけれど,こういう場合,大抵は当たり障りのない話をするもんなんじゃないでしょうか……。一般的に見たら,どう見ても危険牌のネタを,堂々と安全牌にされたら,天皇の方も返答に困ってしまうように思います。「頑張ってください」と言っても同様の問題が起きそうだし,あえて言うなら「そうですか……」としか言えない気も……。

ともあれ,この期待外れな返答に対する米長氏の対応が,いかにも漫画チックで良かったです。グッジョブです。

もうもちろんそう,本当に素晴らしいお言葉をいただき,ありがとうございました

どこが「もちろんそう」なんだろう……。この,無理矢理話を合わせるあたり,あたしの目には,大原社主の発言に無理矢理同意する富井副部長に見えて仕方ありませんでした。

あー……こういう人って現実世界にもいるんだ……

って感じ。遅刻しそうになって,パンをくわえながら走っている小学生と同じくらい,いいものを見させてもらいました。グッジョブです。

……いや……言いたかったことはそれだけなんですけどね。あ……落ちてませんか。ちなみに,あたしの好きな富井副部長のセリフは「ビエエエ」「ビエーッ」(「旅先の知恵」(『美味しんぼ』4巻))です。「ケケーッ!」もなかなか……(参照:「富井副部長の名セリフⅢ」)。

……どうも今日は落ちないなぁ……

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN