Entry

カボチャ祭り

2004年10月31日

明日はハロウィンなんだそうです。つい最近まで,ハロウィンは収穫祭のカボチャ祭りだと思っていて,なんでお化けが出てくるのか全く理解できないでいたのは……はい……あたしです。

ハロウィンって?」(ハロウィン・ジャパン・インフォ)によると,ハロウィンというのは「お盆」の前夜祭なんだそうです。いやはや,勉強になります。

そういえば,クリスマスやバレンタイン・デーと違って,ハロウィンはなかなか日本に定着しませんね。小さな規模ではぽちぽちと催しているようですけれど,全国的な盛り上がりにはいまいち欠けているように見えます。

考えてみたら,クリスマスやバレンタイン・デーは,全く新しいことを祝うお祭りなのに対して,「死者を弔う」ことは既にお盆で実施済みですから,2度も実施する建前に欠けているところがあるのかもしれません。もちろん,ハロウィンで弔う死者は先祖に限られなかったりして,一緒くたに考えることもないんですけどね……。もしかしたら,死者の扱い方にも結構違いがあるのかな……。

日本のハロウィン紹介サイトを見ていると,

ハロウィンというのは,カボチャでランタンを作って,子供が「trick or treat」と言いながらお菓子をねだる祭り

なんて紹介が多数で,もともと「何をお祝いしているのか」がよく分からなかったりします。日本で,節分に鬼が出てくる理由をいちいち考えないのと同じように,ハロウィンも本場では「死者を弔っている」ことをいちいち考えないんでしょうか……。たしかに,節分で鬼が出てくる理由を説明するのは,結構難儀しそうです。

ところで,ハロウィンムードが高まると,考えなくちゃいけないのが子供の安全なんだそうです。夜中に子供が街を歩くんですから,警戒しないといけませんよね。ここら辺は,やっぱり現代的な要素が入り込んじゃうようで,「trick or treat はご両親と一緒に!」なんて文句も見られます。大人同伴の trick or treat って,なんだか変な感じですけど,やむを得ません。

もちろん,防犯対策は子供達にも呼びかけているんだそうで,ハロウィン・ジャパン・インフォから辿れるサイトには,「the halloween safty game」なんてもんが見つかります。

ちょっとやってみたところ……

You are 3 houses down from the last corner that you crossed.
"Hey!" . . . "Hey!". . .
A friend from school is yelling at you from across the street.
Your friend yells "Come Over Here, you have to see this"

What do you do?

なんて問題が……。

ネタバレになっちゃうから答えは差し控えますけど,あたしゃ間違えてしまいました。子供向けだから,文句こそ優しく(易しく)書かれているものの,結構細かい防犯マニュアルになっているように思います……。いろいろ大変なんですね。

ハロウィンの変装には,STAR WARSビル・○イツなんかもネタになっているみたい。明日の晩あたり,お面を作って徘徊してみてはどうでしょうか?ビル・○イツが「trick or treat !!!!」と叫びながら徘徊しているってのは,かなりシュールで笑けます。

まぁ,叫ぶ必要はないんですが。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN