Entry

おばあちゃん用・お兄さん用

2004年11月14日

えー……「竹婦人」というグッズをご存知でしょうか。「ちくふじん」と読みます。

世間には,「竹夫人」という言葉もあるんだそうで,「竹婦人」との関係がよく分からないんですけれど,ここで言っている竹婦人は,ダッチワイフのことじゃありません。

「竹婦人」は,竹や籐を円筒状に編んだもので,今で言う「抱き枕」として使うものです(参照:「抱き枕はなぜ必要なの?」(抱き枕.com))。夏場に抱いて寝ると,中の空洞を空気が流れて,涼しく眠れるという仕組みになっています。

横向きで寝ることが多い AIAN は,起きるといつも体が緊張しているんです。恐らく,横向きの姿勢を維持するために,自然とバランスを取っているからだと思います。横向きの上半分はバランスを取るために緊張しているし,下半分は上半分の体重に圧迫されているしで,我ながら,あまり健康にいい姿勢のようには思えません。

今は寒いから竹婦人は要らないけれど,抱き枕のひとつでも導入してみようかと思っています。

抱き枕の効用は寝姿勢の負担が軽くなることに限らないんだそうで,今流行りの「癒し効果」もあるんだそうです。「抱き枕はなぜ必要なの?」(前掲)によると,

抱き枕を使用することで胎児姿勢を自然に保ち、無意識に母親のお腹の中にいた頃のような「守られている安心感」を感じて安心してぐっすり眠れるのです。

という効果も期待できるんだとか……。胎児姿勢といわれると,なんとももっともらしくて「癒し」な感じがしてしまいます。

一方,世間様には,胎児姿勢に限らず,様々な癒し効果を狙った安眠グッズがあるみたいです。

まず,おばあちゃん用には,「孫抱き枕」です(参照:「Does Grandma Need a Hug? A Robotic Pillow Can Help」)。

やっぱり落ち着くんでしょうか……。たしかに赤ちゃんってやわらかくて気持ちいいですよね。あたしの場合,以前,友人の子供を抱かせてもらったときは,落とさないように緊張しちゃって「癒し」どころじゃなかったんですけどね……。子供を抱き慣れているおばあちゃんなら,癒しになるのかもしれません。

次に,お兄さん用に,「ひざ枕」です(参照:「『ひざまくら』発売」(スラッシュドット ジャパン))。

これはなんとも……。

この類のモノを見るといつも思うんですけれど,上半身が無いことは,皆さんあまり気にしないんでしょうか……。なんかとてもグロテスクに見えちゃうんですけど。

もしかしたら,この冬,あきばおー辺りで見られるかもしれません。あたしは,普通の抱き枕にしておきますけど。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN