Entry

世界最大の人体実験

2004年12月22日

Mobile phone radiation harms DNA, new study finds」(USATODAY

ケータイの電磁波が人体に悪影響を及ぼすって話は,かなり以前から言われています。たしか,これまでは,いわば電子レンジの要領で,脳みそが温まるのが良くないとか言っていたような……。ともあれ,真偽のほどが分からないので,ケータイの普及は,「世界最大の人体実験」なんて揶揄されていたのでした。

今回の研究によると,ケータイの電磁波は,遺伝子に影響するんだそうです。壊れた遺伝子は回復せず,しかも壊れたまま子供に遺伝するとしています。

Mutated cells are seen as a possible cause of cancer.

なんて言っているし,ちょっと怖いですね……。まぁ,あたしはもっぱらメールしかしないんで,仮にケータイの電磁波が人体に影響があったとしても,大した問題じゃないんでしょうけど……(と,思いたい)。

もう言い古された表現ですけど,ケータイはもちろんとして,ここ数年,技術の進歩はめまぐるしいものがあります。技術を扱う人間の側も,生活様式が大きく変わりました。このことが良いことなのか,それとも悪いことなのかについては,各人によってそれぞれ言いたいことがあるようですし,議論の余地があるんでしょうね。個人的には,新しい技術が生まれると嬉しくなってしまう質だから,おそらく「良いこと」に1票入れるんだと思います。

けれど,反面,身の回りのモノを見てみると,「枯れた道具」がやけに少なくなっていることにも気が付きます。道具や技術ってのは,作った後で改良するもんですよね。改良ってのは,新しい機能や性質を付加することもあるけれど,今まである道具や技術を,より完全かつ安全なものに鍛え上げることも重要な改良点です。いわば,消極的な改良とでもいえばいいでしょうか……。コンピュータ技術でよく使う言葉に,「枯れたデバイス」とか「枯れたプログラム」なんていうことがあるけれど,ここでいう「枯れた」というのは,悪い意味ではなくて,技術的に性能や安全性が十分検証されている(消極的な改良を重ねている)という意味だったりします。

この頃は,ちょっと技術が枯れ始めたかと思うと,すぐに新しい技術が市場に出回るもんで,枯れきった技術を手にする機会はむしろ少ないように思います。今までの技術と比べると,開発した当人さえ技術の本質(利点・弊害)がつかめていないなんてことがありうるんじゃないでしょうか。

ケータイの人体に及ぼす弊害というのも,一部でささやかれてはいるものの,真偽のほどが分からない以上いまだに枯れきった技術とは言えないようです。近い将来,現在の人体実験を元にして,より安全なケータイが生まれることになるんでしょうか……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN