Entry

X.org 6.8 キター!

2004年12月24日

やっとこさ,X.org 6.8 が FreeBSD の ports tree に入りました。

あのスケスケウィンドウを拝みたくて,1日に何度,FreshPorts をチェックしたことか……(そんなに大袈裟じゃないけど)。見た目にこだわる AIAN としては,Linux のパッケージシステムで既にパッケージ化されていることを聞いて,羨ましい限りでした。X.org は,ほとんどのプログラムが依存関係にあるから,ports から入れるより仕方なかったわけです。

今のところ,cvsup して portupgrade -a の真っ最中です。Ccache を使っている割には,作業は進んでないみたい。時々こけるからなんですが……。なんでこけるんだろう……。細かい設定は明日以降になりそうです。

ともあれ,スケスケウィンドウになることが分かっていても,どういう風に設定すればああなるのかよくわかりません。ちょっと調べてみたところ,どうやら xorg.conf で,

Section "Extensions"
   Option "Composite" "Enable"
EndSection

みたいな設定を入れればいいようです。実際に透過や陰付けを指定するには,transset(透過)や xcompmgr(陰付け)を使えばいいと……ふむふむ……。

話によると,しょぼいビデオカードの場合は,動作が幾分かモッサリするそうです。まだ使ってないから何とも言えないんですけれどね。いやはや,楽しみです。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN