Entry

催眠マシーン

2004年12月29日

Hypnodisk」(Eccentric Genius

ここ数ヶ月,自己催眠なるものを実践していたりします。もともとは,不眠を解消するために始めたんですけれど,なかなかうまくいっているので,この頃は,目覚まし時計の代わりにしたりしています。意識改革とかにも応用できるみたいですね。

催眠は,いまだに怪しいまじないの類だと思われているところもあるみたいですけれど,心理療法として科学的にも認知されている方法なんだそうです。意識の下にアクセスして,トラウマや重度の心的外傷を取り除くのに使われるんだとか。応用例も多くて,例えば,スポーツ選手がするメンタルトレーニングも,意識下に「勝ち癖」をつけさせるといった意味では,同じ原理なんだそうです。

Hypnodisk は,催眠に使うための器具なんだとか……。モノとして飾っておくにはいいとしても,US$350 は高すぎますね。USB のバスパワーで動くというのは……どういう趣旨なんでしょう。紹介文を読む限り,ウケ狙いなのか,真面目に作ったもんなのか,よく分かりません。

あたしがやっている自己催眠は,自律訓練法というもので,自律神経に重点を置いたものです。自律神経というのは,リラックスしたり緊張したりすることをつかさどっている神経ですね。これをいぢって,不眠解消に役立てようというわけです。

ここで難しいのが,初めの感覚をつかむことです。初めは,「瞼が閉じて離れない」とか「まっすぐ立っていられない」とか「腕がとても軽い」とかいった文句を,心の中で唱えます(現在形でするのがポイント)。ところが,これってなかなか感覚をつかむのが難しいんです。慣れると後催眠暗示をかけたりして,比較的簡単に入れるんですけれど,初めは難儀します。

Hypnodisk を使うとすると,こういう導入時使うことになるんでしょうかね……ろうそくの光を見せたり,お馴染みの5円玉を吊してする方法の代わりに使えるのかもしれません。

催眠というと,その昔フジテレビで「A女E女」という深夜番組が放送されていました。内容は……ちょっとここでは話せないようなモノ……。深夜番組としてはケッサクの部類に入っていたと思うんですけれどね,フジテレビは忘れたい番組なのかしら。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN