Entry

新聞社と販売店

2004年12月31日

奈良女児殺害:誘拐容疑で36歳男逮捕 自宅から携帯発見」(MSN-Mainichi INTERACTIVE

捕まったそうです。年内に解決の目処が付いたようで何よりですね。この頃,子供が犯罪に巻き込まれる事件や,逆に子供が犯罪に手を染める事件が溢れているせいか,どれが何の事件だったのか,容易に思い出せなくなってしまいました。

子供が起こす刑事事件(いわゆる少年事件)については,報道自体が少年事件を報道する方向に傾いているという指摘もあるようです。いずれにせよ,情報の受け手としては,なんともいやはやなご時世です。被害に遭われた方のご冥福をお祈りするとともに,そのご家族に1日でも早く安らかな日々が再び訪れるようお祈りします。

今度の事件で容疑者にあがった人物は,毎日新聞の販売店従業員だったそうです。活動の中心を社会正義や社会倫理に基礎付けている報道機関から,話題の事件に関係する容疑者が出たというのは,やはり痛手なのでしょう。新聞社としてもコメントを出しているようです。

ただ,新聞社が出したコメントがあまりにも早く丁寧なのには,ちょっとびっくりしました。もちろん,関係している企業の従業員がしたことですから,本社も(社会的な)責任を少なからず負っているはずで,何らかのコメントを出すのは当然です。

けれど,その一方で,あまりにも本社の対応が早かったのには,驚かされました。あたしの印象としては,販売店と新聞社の関係はそれほど強いものだと思っていなかったもんで……。

例えば,近くにある某新聞社提携の販売店。しつこい勧誘をインターホンから断り続けたところ,玄関のドアを思い切り蹴られてしまったことがあります。玄関がちょっと凹んでしまって参りました。この販売店は,詐欺まがいの文句で玄関先に呼び出して,長々と勧誘したりもするわけですけれど,それは本社というより販売店の方針だと思っていたわけです。責任の所在は本社というよりむしろ販売店にある,といった感じ。トカゲのなんとやらな関係を連想していました。

今回の事件は,新聞販売店従業員のしたことで,しかも業務上生じたトラブルでもありませんでしたから,本社の対応の素早さに驚いたというわけです。驚きついでに,事件についてコメントを出すのは当然としても,従業員の私事についてコメントを出すなら,業務の不始末についても詫びを入れろと言いたくなってしまいます。もちろん,玄関ドアと人命(それも子供の)を比べたら,後者の方が圧倒的に責任が重いのは明らかなんですけど……。しかも,上記販売店の提携先は毎日新聞社じゃないから,お門違いといえばお門違いなんですけど……。

報道によると,容疑者は,かつて他の新聞販売店にも勤めていたんだそうです。

毎日新聞が,記事中で丁寧なコメントを発表していることから,毎日以外の各社がどういった報道をしているのか気になってしまいました。読んでみたところ,内容は各社によってまちまちのようです。

玄関を蹴り上げた新聞社の記事を読むと,自社の販売店に勤めていたことは,特に書いていないようです。まぁ,だからなんだってことでもないんですけどね。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN