Entry

初詣2005

2005年01月15日

遅ればせながら,初詣に行って来ました。お参りに行ったのは今週頭の話なので,これまた遅れた話題なんですけどね……。

そんなこんなで,詣でたのは川崎大師。横浜近辺から向かうには,比較的交通の便がいいところです。大師さまにお参りするのは,今回で二度目です。しばらく前までは,鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りしていたんですけれど,ここ数年は,あちこちをまわっていたりするんです。

お正月気分も抜けている頃なのに,門前の仲見世はエライ活気。もちろん,お寺の中も人・人・人です。あまりの黒山だったので,お参りの後に記念写真をパチリ。

大師さまの御前で黒山を写すの図

実は,この写真の背後には,大師様がおわしてるんでございます……。罰当たりませんように……南無南無。

あたしの場合,お寺も神社も真面目に信仰していないので,節操なくあちこちの神様・仏様に媚びを売ってまわっています。見てみると,やっぱりお寺と神社って随分違いますよね。宗教が違うから当たり前の話なんですけど。

まずもって,「お寺は派手」という印象があります。もちろん,有名なお寺には「わびさび」の趣を持っているところがあるし,神社も厳島神社みたいな派手なものがあったりするから,あたしの印象なんですけどね。薬師寺の五重塔にしても,大師さまの五重塔にしても,そのど派手さに吃驚してしまいます。

大師さまの五重塔

もうひとつは,盛り上げ方と言ったらいいんでしょうか……演出の方法と言ったらいいんでしょうか……。お参りに至るまでのプロセスが随分違っているように思います。数えるくらいしかまわっていないので,これもあくまで印象なんですけど。神社の場合は,一の鳥居の雑踏から,参詣道を進むにしたがって,だんだん敬虔な気持ちが盛り上がっていくけれど,お寺の場合は,いきなりドカンと出てきて一気に敬虔な気持ちに連れて行かれるような感じがします。あくまでも印象ですけどね,印象。

大師さまは,お寺の中にも出店があったりして,神社とは別の意味で異世界に入る感じがありました。

お参りの後に,おみくじを引いたら,久しぶりの「大吉」に感動。ここ数年,連続して「凶」を引き続けていたあたしに,ようやく運が付いてきたようです。遂にあたしの出番がやって参りました。参っちゃいますね(←意味不明)。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN