Entry

SNS をひがんでみる

2005年02月07日

誘われたことがないから,実状がよく分からないんですけど,SNS って厄介なものになりつつあるんでしょうか……。あまり良い噂を聞きません。ざっと挙げるだけでもこんな感じ。

SNS は本質的に閉鎖されたコミュニティだから,部外者としてはそれだけで嫌悪感というか,「勝手にやってくれ」な印象を持ってしまいます。ちょっとだけ,skull and bones 類似のイメージもあるくらい……(今やそんな小さなもんじゃないか)。他方,スラッシュドットによると,SNS に消極的な向きは「食わず嫌い」だという見方もあるようです。内部者になればそれなりに楽しめるもんなんでしょうか。

ともあれ,個人情報の流出だけは,勘弁してもらいたいですね……あ,その前に誘われませんか(くぅっ)。

SNS の話題を見ていて面白いと思うのは,コミュニティが「閉鎖的」であることの位置づけです。「閉鎖的である」==「リアルである」という等式が成り立たってしまうところ,すなわち「閉鎖的」とは言わなくても,「友達の友達(とされている人)」が登場するだけで,「リアルな世界(コミュニティ)」が裏書きできてしまうというのは,ある意味で良くできたカラクリのように思います。

一方で,「リアルである」==「安心・健全である」という等式が,見事に成立していることも,注目されます。たしかに,Web 上の発言者を確認できるというのは,出会い系の意味でも,文責を負わせる意味でも,信頼感が違うのかもしれません。

そんなわけで,「閉鎖的である」==「リアルである」==「安心・健全である」という等式が,待望されていた「コミュニティの在り方」だというのも,それなりに頷けます。

もっとも,こういうコミュニティの在り方は,あたしが思っているモノとは随分違います。

特に,「安心・健全」なコミュニティというのは,出会い系の用に使うならともかく,何かを発言する場としては不向きです。先に,文責を求められる信頼感を挙げたけれど,そもそも Web 上の文責なんて書き手に求めるもんじゃないと思うんですよね。論文にしたって日記にしたって,Web に乗っけたら書き手の存在なんてすっ飛んで,残った「書かれたモノ」について,読み手が勝手に解釈していくもんだと思うんです。書き手の責任はもちろんあるけれど,読み手の責任も同時に問われていくというのが,あたしが思うコミュニティの在り方というわけ。

逆に,顔が見えてしまうと,「この人が発言しているから信頼できる」とか「あいつが言うことは信頼できない」とかいうように,文章外の情報で物事を判断してしまうところがあって怖いんです。文章だけでサイトなりコンテンツなりが評価されるというのは,一面ではシビアだけれど,その分誰でも参加できる自由な領域のように思います。

まぁ……実際のところを見ていないから,憶測でしかモノを言えないんですけどね……的はずれな意見でトホホなことになっていないことを祈るばかりです。要するに,ヒガミです……ヒガミ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN