Entry

火事場のブログをぶらついてみる

2005年03月02日

ここ数日,炎上したブログを数カ所目の当たりにしてきました。炎上というのは,エントリが荒れ果てた BBS のようになってしまうことです。管理者さんは,嫌気がさして(というか半ば強制的に)サイトを閉鎖するというわけ。

2ちゃんのスレッドなら,荒れたら放っておけばいいけれど,個人が運営しているサイトの場合,管理者はそうそうその場を離れることができません。うちのような小さなサイトはともかく,人気サイトの管理者さんとしては,頭の痛い問題になりそうです(そもそもうちはコメント設けてないけど)。

炎上はブログのコメント欄で起きます。閉鎖していないサイトでいうと,例えば,HotWired Japan の某弁護士さんのブログとか……。ご存知の向きも多いはずです(知らなくてもトップページからすぐ辿れます)。昨日のエントリで持ち直したみたいですが。

もう1つ。炎上騒ぎになったブログに,『♪さきっちょ&はあちゅう♪の悪あが記』があります。こっちはかなり悲惨なことになっていました(閉鎖)。この一件については,「論争をまとめてみた。まとまってない。」(SNMR,ダメ東大女子の備忘録)に詳しいので,詳細はこちらをご覧ください。

「論争をまとめてみた。……」を紹介したのは,一件の経緯が詳細なだけでなく,その小括にもうなずけたからです。曰く,

ブログを書くことは実に大変だ。そこに読者がいる以上、筆者の認識と読者の認識のギャップを限りなく小さく出来るように書けば、問題はさほど起こらないのだろう。言うは易し、実際は極めて難しいことだけれど。そして自分を含めネットを利用する全ての人へ、もっとネットのリスクを知った方がいい。今回の一件を眺めて、そう思いました。

ブログにコメント機能を付けている場合,管理者は,コンテンツを制作者としてだけでなく,>>1 としての役割も期待される場合があります。炎上しているコメントには,「ここは○○(管理者)だけのサイトじゃない」なんて書き込まれることがあるけれど,このことは,事実上ブログが一般的な掲示板と従来のホームページの合いの子としてみられていることを表しているように思います。

この場合,いくら「○○(管理人)のブログは○○のもの」と声高に叫んだところで,事実上 >>1 としてみなされている以上,反論の用をなしません(不条理だとは思うけど)。

SNMR さんの言う「ネットのリスク」の中には,「掲示板管理人であり,かつ自動的に >>1 になるリスク」というのも含まれているんだと思います。この頃,ブログの人気は随分高まっているようだけれど,ここら辺のリスクについては案外疎いのかもしれません。

そういえば,この頃炎上したブログに,「How can I trust Firefox?」(Office Development, Security, Randomness...)というエントリがあります。Firefox のソースコードにコード署名がないことを批判した記事なんですけれど(参照:「『どうすればFirefoxを信じられる?』の件がやっと対処」(スラッシュドット ジャパン)),書いたのが Microsoft の人間だったということで炎上したのでした。

ここでも,

I love the smell of a flame war in the morning.

という書き込みを発端にして,延々と燃え続けていたようです。ただ,炎上とはいえ,議論は随分建設的にされている様子。感情論や人格非難もちらほら見られるけれど,先に挙げたブログほど目立ちません(全部は読み切れていないけど)。

取り上げるテーマの性質にもよるんでしょうけど,どうせ燃えるなら,建設的な議論がいいですよね。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN