Entry

「中二病」のこと

2005年04月08日

この頃あちこちで取りざたされている言葉に,「中二病」なるもんがあるそうです。はてなの説明によると,

中学2年生程度の屁理屈で社会を否定し、結果何の行動も起こさなくなる病。

なんだそうで……(参考:「中二病とは」)。

もっとも,この言葉,あちこちで色々な意味で使われているようで,この意味だけが「中二病」だとは言い切れない感じがします。いや,意味が違うというよりは,根っこは同じだけれど重心の置き方が違うといった方が正しいかもしれません。はてな以外の説明に見られる大方の捉え方は,「大人ぶって他人の価値観(特に体制)に対して嫌悪ないし反発する思春期特有の行動」といった意味付けが多勢なんでしょうか……。「中学2年生程度の屁理屈」なんてのは巷にいくらでも転がっているわけだし,敢えて「中二」という言葉を使うのなら,こっちの方が意味があるような気がします。

実例として,あたしの中学時代を挙げてみると,校内に「Van Halen ダセェ……Nuno Bettencourt マンセー!」みたいな雰囲気が(一部に)ありました。これってよく当てはまっているんじゃないでしょうか。その頃あたしが演じていた役回りは,そういう人の後ろを追いかけて,「ふむふむ,たしかにダセェ……」と,したり顔で頷く役だったわけですが……。

中学2年生(13歳〜14歳)というと,ちょうど自我の確立が始まる時期に当たるそうなので,他人との差異を様々な形で表現したがるというのは,自然で健康的なことのように思えます。一方,この時期が仮に35歳まで長引いたとして,このことが「病的」といえるかは,門外漢なのでよくわかりません。大学を出ても中二病的な人って,案外多いと思うんですけどね。

例えば,実例を挙げるのもなんなんで,漫画の話を挙げるとすると,『美味しんぼ』の山岡氏なんて,あたしが思うに「中二病」の典型なんじゃないかと思ったりします。いい年こいて「本物の冷やし中華」とか普通言えませんから……(参照:『美味しんぼ』8巻・第5話「スープと麺〈後編〉」)。Macintosh を手放しで礼賛して,Windows を卑下するところなんか(参照:『美味しんぼ』59巻・第1話「マルチメディアと食文化」),まさに中二病……。

まぁ……自己主張すること自体,悪いことではないんですけどね。

一方,「中二病」の位置付けについて見てみると,これも話し手によって区々で,(生)暖かく見守る向きもいれば,「病」として本格的にレッテルを貼ろうとする向きもいたりします。全体的に見ると,ネガティブな見方が多勢でしょうか。

あたしの場合,「中二病」自体はそれ程おかしなことでもないと思うけれど,「中二病的な言動」は,たしかに厄介だったりします。というのも,こういった言動は大抵原理的で,議論の余地が無くなってしまうからです。議論の終焉は,どちらかがどちらかの教義に改宗することでしか訪れません。もう少し敷衍すると,いわゆる「うなづき系ブログ」だとか「自分語りなブログ」についても,議論の余地が無いという意味で,同様のことが言えるんじゃないでしょうか(参照:「TrackBackによってあなたの評価は上がってますか?」「うざがられる自分語り」(ARTIFACT))。

ただ,「中二病的な言動」の全てが有害かというと,あたしはそうは思えません。ウェブ(特にブログコミュニティなるモノ)は議論するためだけにあるわけではないし,無意味な trackback を打ったりせずに自己完結している限り,他害はありませんから。反対に,「人に読まれる文章を書け」みたいな言説を考えると,これが蔓延ることでウェブの多様性が奪われるんじゃないかと思ったりもします。

WWW が生まれた昔から,「ウェブは玉石混淆な世界」なんて言われているわけだし,非建設的な言動が見つかったからといって,むやみにレッテルを貼る必要もないとは思いますです。丹念に読めば,「味わいのある石」も見つかるかもしれませんしね。

Trackback
Trackback URL:
[2005年06月17日 02:19] 朝新(≠朝日新聞) from Daily 虚弱
限界まで眠り、あまり食わない生活 チャラささえあればどうにかなるんでしょうかね? 鬱死患者がゼミで生ぬるいパワーをいただいた後、ふと目にした中吊り広告に目をやると… 「中2デート」 うーん死ねと思いながらその場はスルー でもちょっと気になったので今日た [more]
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN