Entry

煙草税の増税話で煙草レジスタンスを思い出した

2005年12月20日

煙草税が1本あたり1円値上げということで,『世にも奇妙な物語』に喫煙者の撲滅を扱った話があったのを,ふと思い出しました。

ちょっと記憶が定かではないんですけど,たしか世界的に喫煙者撲滅の機運が高まったために,喫煙者が地下に潜ってレジスタンスになる,ってな話だったと思います。作家のような(主人公だったと思う),いかにも煙草をのみそうな文人なんかもレジスタンスのメンバーになっていて,コミカルな感じが出ていました。

もっとも,最後は,ただ1人残った喫煙者が剥製にされて終わり……。『世にも奇妙な物語』は,バッド・エンドもあるから面白いってのもあるんですけど,あの終わり方はキツかったです。喫煙者をハントして剥製にしているわけで,ほとんど「別の動物」扱いでしたから。

そういえば,禁煙の街秋葉原には JT が作った喫煙スペース(Smokers' style)があるんですけれど,中は自然をイメージする緑の演出が施されています。もし,動物園の檻に見立てるつもりでそういう演出を施しているんだとしたらどうしよう……もし,あれが喫煙者を「別の動物」扱いするための布石だとしたらどうしよう……どうしようったらっ!

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN