Entry

X.org の nvidia ドライバで Composite オプションを使うと画面が乱れる

2006年02月21日

この頃ネタ不足気味なので,またまた手近なところをば……。

X.org 6.8 から Composite オプションが使えるようになって,透過ウィンドウやら陰付き表示やらができるようになったんですけれど(参照:「qune: X.org 6.8.1 を使ってみる」),nvidia ドライバ(nvidia-driver-1.0.8178)を使うと表示が乱れることがあります。具体的には,GTK や Qt のプログラムで,スクロールバーを急に動かすと,リスト表示が乱れます。

表示環境はこんな感じで,

  • Albatron FX 5900 XT(GeForce FX 5900 XT)
  • X.org 6.9.0_1
  • nvidia driver 1.0.8178

xorg.conf の関係しそうなところを抜き出すと,こんな感じ。

Section "Module"
        Load  "freetype"
        Load  "glx"
        Load  "dri"
        Load  "dbe"
        Load  "record"
        Load  "xtrap"
        Load  "type1"
        Load  "extmod"
EndSection

Section "Extensions"
        Option "Composite" "true"
EndSection

Section "Device"
        Identifier  "Card0"
        Driver      "nvidia"
        VendorName  "NVIDIA"
        BoardName   "Albatron FX 5900 XT"
        Option      "NvAGP"        "1"
        Option      "AGPMode"      "8"
        Option      "RenderAccel"  "true"
        Option      "backingstore" "true"
EndSection

で,症状はこんな感じになります。

Composite オプションで表示が乱れているの図

これは Linux エミュレートした Eagle(cad/linux-eagle)の画面ですけど,ネイティヴの xzgv(graphics/xzgv)や Qt Designer でも同様でした。

Composite オプションを外すと症状はなくなるので,おそらくこれが原因なんだと思います。一応解決と言いたいところだけれども,Composite オプションと取り引きしただけなので,根本的に解決したとは言えなさそうですね。透過ウィンドウへの道程はきびしい……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN