Entry

一人称に「あたし」を使うのは妥協案なのです

2006年05月08日

こちらを読んで。一人称をどう書くか,の話。

ラインオーシャン - ネットにおける一人称を考えてみる
「俺」「僕」「わたし」「私」と「あたし」「わし」 - はてなダイアリーの一人称で眺める「WEB日記の立ち位置」 -

このブログの一人称は当初かなり揺れていたんですけれど,今では「あたし」に統一しています。現実では「あたし」なんて言っていなくて,「私」か「俺」を使うことが多いんですが。そういえば,一部の相手には「わし」も使っていたりします。

「あたし」の話はひとまず措いておくとして,現実に使っている「私」と「俺」の話をすると,両者の区別は割とはっきり意識していたりします。友達に対しては「俺」,知らない人には「私」といった具合。心に壁を作っているかどうかがすぐに分かるという……。

一方で,一人称でよく使われる「僕」なんですけれど,これはまず使いません。というのも,「『僕』と名乗れるのは小学生までだろう」といった勝手な思い込みがあるからです。小さい頃に嫌な出来事があったのかもしれないんですけれど(「こいつ僕なんて言ってるよ!」みたいにからかわれた,とか),具体的には思い出せませんした。とにかく,「僕」は幼稚な響きがして自分では使えないんです(もちろん,他人様が使う分には特になんとも思わない)。巷の書き言葉を見ると,「俺」よりも「僕」の方が一般的な印象があるから,それほど毛嫌いするもんでもないんでしょうけどね。

それじゃ,なんでネットでは「あたし」なのかというと,単に適当な一人称が見付からなかったからだったりします。「私」も「俺」もちょっとしっくりこないんですね。多分,初めてこのサイトを見た方には,あたしを女性だと思っている方もいるかもしれません。「あたし」は妥協案なんです。そしてあたしは男性です。

もう少し詳しく経緯を説明すると,このサイトの文章を読んでくださる方々は基本的に「知らない人」だから,先に書いた現実の一人称(「私」「俺」)で考えると(特にキャラ立てを目論んでもいない限り)「私」になるはずです。けれど,文章の内容はというと,必ずしもあらたまったことを書いているつもりもないから,「私」じゃおかしい……かといって「俺」という程親しい人を相手にしているわけでもない。

となると,最適な一人称は「俺」と「私」の中間にありそうな感じがしてきます。そこで有力候補として浮上してくるのが,両者の中間にある(と思われる)「僕」です。けれど,これは先にも書いたとおり,半ば不条理な「思い込み」ゆえに無条件で却下・沈水……。というわけで,妥協案として「私」を少しくずした言い回しを探してみたというわけです。当初は平仮名で「わたし」なんて書いていたこともあったと思います。

もっとも「『私』をくずす」といっても,くずし方にはいろいろあるんですよね。「わたし」や「あたし」の他にも,「あっし」とか「あちし」とか「わい」とか「わて」とか「あちき」とかいった具合(※語源が一致しているかは調べていません)……。いろいろ考えた結果,疲れ果てたので,とりあえず「わたし」の「わ」を「あ」に替えるだけでいいだろう,ということで手打ちにしたのでした。

……と,苦労して決まった一人称「あたし」なわけですけれど,最近は,一人称自体なるべく書かないようにしていたりします。「あたし」ばかりになる文章は,無用に自己主張が強くなっちゃうもんですから。他の言葉に置き換えられるようなら,なるべく他の言葉を使う方がスッキリとまとまる感じがします。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN