Entry

PS3 をコンピュータとして見る

2006年05月13日

GAME Watch - 3DゲームファンのためのPS3の“真意”講座 〜PS3は"ゲーム機"ではなくコンピュータとして訴求されるべきである

たとえばだが、PS3に表計算ソフトやワープロソフトが同梱されたオフィススイートソフトや、HDV編集ソフトやフォトレタッチソフトのような、実用ソフトがリリースされれば、10万円以上するハイエンドスペックのデスクトップパソコンよりは確実に安く思えてくるだろう。

「何を馬鹿なことを」といわれそうだが、今回の一連の川西氏のコメントを拡大解釈すればその可能性はまったく否定されない。

実際、PS3は実用レベルの1,920x1,080ドットの映像が出せるので、コンピュータとしての使い勝手も平均的なデスクトップPCの同等以上だ。表計算やワープロといった実用ソフトは完全実用レベルで使えるはずだ。もっとも、テレビをディスプレイのように間近で見る習慣がないのでその部分は何かしらの工夫が必要かもしれないが。

今回のPS3のライバルは、Xbox 360でもWiiでもなく、Windows PCということであれば、6万円超の価格もまったく違和感がない。

3DゲームファンのためのPS3の“真意”講座 〜PS3は"ゲーム機"ではなくコンピュータとして訴求されるべきである

PS3 はゲーム機としては高いけれど,コンピュータ(PC)として見たら激安だという話。で,本当にそうなのか,妄想で自作してみました。とりあえず,PS3 のハードウェア的な目玉は,Blue-ray ドライブと HDMI みたいなので,これらを登載したパソコンということになりそうです。そうすると,現時点では少なくとも以下の構成が必要になりそうです。

  • M/B: Abit IL-80MV (参照:Gizmodo) ※6月頃発売 [価格未定]
  • BD: Buffalo BR-H2FB [105000円] など

特に製品を指定しなくちゃいけないのは,上記の2点だと思います。Abit IL-80MV はつい最近発売が発表されたもので,HDMI 端子が付いているんだそうです。ビデオの性能がいまいちよく分からないんですけれど,とりあえず選ぶならこれしかなさそうですね。また,Buffalo のドライブは書き込みもできるようですけど,もともとドンブリ勘定なので性能差は端折っちゃいます。こうしてみると,Blue-ray ドライブが,それだけで10万円以上していることから,PS3 の全部ひっくるめて6万円前後(くらいなのか)というのは端的に安いといっていいんだと思います。

パソコンを作った場合,全体の価格がどれくらいになるかは,マザーボードの価格いかんで決まるんでしょうけれど,マザーボードは高くてもせいぜい3万円前後といったところでしょう。そうしてみると,同等のパソコンを作るとしたら,その他もろもろの CPU,メモリ(512MB(Main + VRAM)),HDD(60GB)等々を集めて,15万円前後から17万円前後といったところで落ち着きそうです(※あくまでもドンブリ勘定)。

もっとも,言うまでもないことですけれど,自作した際のパーツの価格比は BD が突出して高くなっています(17万円のうち10万円が BD)。もし BD が現在の DVD-R ドライブ並みの価格(5000円から10000円程度)だとしたら,10万円を楽々切ってしまうことからも,PS3 の高値感(または安値感)は BD の価格変動いかんで決まってくる,といったことになりそうです。というか,現在の相場からすると,PS3 はむしろ BD だと……。

もちろん,これはあくまでも,PS3 をコンピュータ(PC)として見たときのの話で,魅力的なゲームタイトルがあることや,その他の SONY 製品と連携できるメリットは考慮から外しています。あたしはというと,今の様子では BD 自体どうなるか分からないので,ちょっと様子見といったところ……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN