Entry

偽着信機能使って欲しい!

2006年07月06日

機能面では、女性に安心感を与える「ほっとメロディ」が大きな特徴。サイドキーを押すとあらかじめ設定したメロディが鳴り、まるで着信したかのようなカモフラージュが可能。暗い夜道を一人で歩いているときや、長い話を聞かされている時に中座したい場合などに有効に利用できる。

Japan.internet.com 携帯・ワイヤレス - 女性がメインターゲット、「着信があったふり」ができる「D702iF」

これからは,夜道を歩いているときに,たまたま前を歩く女性のケータイが鳴って生会話(※生返事みたいなもの)を始めたり,話の最中に女性のケータイが鳴ったたときは,「あー……オレ怪しい人だったか」とか「あー……オレの話ウザかったか」とか,そういう脳内反省会議を開くことになるかと思うと,ちょっとクスっときます。ウザがられてもいいから,実践に移す人を早く見てみたい!

多分,こういう機能は,本当の着信だとみなされる可能性が高い期間は有効だけれども,偽着信の可能性も念頭に置かれるようになると,カモフラージュする意味がなくなってくるんだと思います。機能が周知されるようになると,「後ろ歩いているお前ウザいんだよ」とか「お前の話つまんないんだよ」というのを,ケータイを使って代弁できるぜ!な機能になるという……。ホウキを逆さまにして玄関に立てるアレと同じ。

偽着信をカモフラージュしている間は,わざとらしい会話や着信時の突然感をユーザが演出しなくちゃいけないけれど,機能が周知されるようになると,露骨に「ほっとメロディ」を流す人も出てくるかも!(※妄想です)

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN