Entry

お散歩日記 - 神保町から秋葉原まで

2006年09月10日

赤坂方面に用事があったので,帰りに永田町から半蔵門線で神保町へ。神保町-御茶ノ水界隈は,学生時代,楽器を買ったり(@下倉楽器),スキーグッズを買ったり(@ビクトリア),真夜中に友人とほっつき歩いたりしたところで,懐しかったです。

とりあえず,神保町を降りたところ。

神保町を降りた風景の図

ここからとりあえず秋葉原に向かうことにします。「神保町→御茶ノ水→秋葉原」は,順番に「明治大学→石丸電気」を目印にしていけば,方角を間違えることはありません(そう覚えた)。写真中,一番奥にある,薄茶の建物が明治大学の建物です。カメラがしょぼいからはっきり写っていないけれど,実際はこの位置からでも「明治大学」という文字が見えます。

んでもって,明治大学の校舎。……でかいです。

明治大学校舎を見上げるの図

ここら辺界隈は,学生街の元気よさと歴史的な落ち着きがいい具合に混ざっていて,散歩にピッタリです。日も暮れかけていて,秋風がいい感じ。

御茶ノ水橋から秋葉原方面をのぞむ風景。ご存知の方にはご存知ですけれど(あたりまえか),通っている電車は中央線です。向こうに石丸電気が見えるので,今度はあれに向かって歩きます。

御茶ノ水橋から秋葉原をのぞむの図

聖橋を抜けると,もうすぐそこです。

聖橋の図

到着。秋葉原は,JR側から入るとガチャガチャしているけれど,御茶ノ水側から入るとシットリ入れます。通はこっちから入るのです(ウソ)。

秋葉原に到着の図

秋葉原では千石電商でちょっと買い物をして,あとはプラプラ……。思い立って,以前友人と行ったメイドカフェに行ってみました。写真を撮るのを忘れちゃんたんですけれど,行ったのはキュアメイドカフェ。ガチャガチャ屋さんの上にあります(これだけで分かるのか?)。

この頃は,T-ZONEあたりの通りを歩いていると,ミニスカートのメイドさんが歩いていて,なんだかなぁな感じなんですけれど,ここはあまり奇抜じゃなくて安心できます(あえて王道といいたい)。落ち着いた雰囲気の店内で,落ち着いたメイド服の格好(ロング丈!)をしたウェイトレスさんが,普通に注文なりなんなりを取っていきます。見た目も接待も過干渉じゃないところがグッド。割と昔からあるお店なんですけど,メイド服を除けば普通に雰囲気のいい喫茶店です。

秋葉原はここしばらくちゃんと歩いていなかったんですけれど,小さい中古屋さんが潰れてキレイ目なケンタッキーができていたり,大きめのゲームセンターができていたりと,どんどん「普通の街」になっている感じがします。良い意味で言えば,キレイで分かりやすくなっと言えばいいんでしょうか。一方で,一時期前と比べると,アングラな雰囲気(あくまでも雰囲気)のお店や,どんな人が利用しているのか想像できないお店がある路地も少なくなって,「ワクワク感がなくなった」というのもたしかだったりして……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN