Entry

自分をプログラミングするということ

2006年09月27日

久し振りに良書に出会ったのでご紹介。

Make: Technology on Your Time Volume 01
オライリー・ジャパン
オライリー・ジャパン (2006/08/24)

小学生の頃,夏休みは札幌にある祖父母の家に滞在していたんですけれど,その時,じいさんから壊れかけたバイクをもらったことがあります。「分解してみろ」とか言われて……。で,スパナやドライバを使ってバラしたり,錆取りために軽油で磨いたりして,夏休み一杯をかけてバラしたのでした。バラバラになって,きれいに磨かれたパーツは,結局元のバイクには戻らなかったわけですけれど,モノに触れる楽しみを覚えたのはこの頃だったんじゃないかと思います。

まぁ,じいさんといえば,分解しているのを見ているだけで,これといって何も教えてくれなかったんですけどね(相手をするのが面倒だったからかもしれない)。祖父の家系は,もともとモノをいぢるのが好きだったようで,曾祖父も父に似たようなことをさせていたそうです。

いきなり話題が本書から離れているので本題に戻ると,本書はモノ作り(あるいはモノ壊し)の楽しみを再発見させてくれる良書です。ライフハック本と工作本を合わせたようなもので,本格的な工作からちょっとした tips まで,幅広く扱っています。モノによっては,アホ工作というかなんというか,ネタとしか思えないものもあるんですけれど,無駄に頭脳を使うところを見るのは,なかなか痛快です。

ともあれ,本書の趣旨について,かっこいい前書きがあったので紹介。

我々はテクノロジーを消費するだけの存在ではなく、テクノロジーを創造する人間、「Maker」にもなれる。テクノロジーを自らの必要に適合させ、生活の中に取り入れていくこともできる。

『Make: Technology on Your Time Volume 01』(Dale Dougherty,オライリー・ジャパン,2006年,p3)

少なくとも自分の場合,モノをいじることは,自分をカスタマイズすることと同じことだと思っていたりします。工作することで周囲の環境が変化することは,直接自分をカスタマイズしている感覚があるし,ソフトウェア的なプログラミングにしても間接的ながら同様のことが言えます。それは,単にテクノロジーに関する知見を広げるといった意味だけではなくて,比喩的に言えば,技術化された社会に自分を適応させて溶け込ませることに似ています。サイボーグになる,と言えば分かりやすいでしょうか。

似たようなことを,Tim O'Reilly も言っています。

さかのぼること2003年、私は講演でケンペレンのチェス人形を引き合いに出すようになったが、これはウェブアプリケーションと PC 時代のアプリケーションの違いの1つに、ウェブアプリケーションは実際に利用者をその内部に引き込み、そのアプリの一部として毎日働かせていることがあるのを強調するためだった。(snip)ユーザが深いところでアプリケーションの一部なのである。(snip)

私はこの理念を、Web 2.0 アプリケーションはユーザの集合知を利用するシステムであるとして Web 2.0 の基本原理の1つに挙げた。

『Make: Technology on Your Time Volume 01』(Tim O'Reilly,オライリー・ジャパン,2006年,p7)

念のために注を入れておくと,ケンペレンのチェス人形(タークとかいった名前だったっけな?)というのは,チェスを打てる自動人形(オートマトン)として話題になったものの,後々,後ろに人間が入っていたことがエドガー・アラン・ポーによって暴かれる話です。「人工知能」や「人形と身体」みたいな話で出てくる有名な笑い話ですけれど,ここでは,アプリケーションが人間を引き込んで一体化する比喩として使われています。面白い。

本書では,マウスをねずみロボットにする制作例だとか,ビデオレコーダーを猫の給餌機にする制作例といった具合に,製品化しても誰も買わんだろうな,というもんが紹介されています。ただ,こういった発想そのものは,「テクノロジーを消費するだけ」とは違うもので,テクノロジーを利用・創造してさらに自分も融合してしまうような新鮮な感覚があると思います。自分の周りの環境をプログラミングするのと同時に,自分自身をプログラミングするといったところ。

本書は翻訳本なので,発行が遅れているけれども,英語版の本誌では既に何冊か発行されている模様[amazon.co.jp]。価格もそこそこお手頃なので,ちょっと集めてみようと思います。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN