Entry

スケープゴートの行方といじめられないコツ

2006年10月23日

微妙に悪質さが増してきたようで……。

福岡県筑前町の中学二年男子生徒(13)による自殺事件で、同級生の一部のグループが、一年前からたびたび、「死ね」「うそつき」などと生徒をののしっていたほか、自殺後も学校で「せいせいした」などと口にしていたことが二十一日、複数の関係者の証言で分かった。

北海道新聞 社会 - 福岡中2自殺 いじめ集団1年前からしつこく 死後「せいせいした」

伝え方がどうなのか,例えば,狼狽や動揺を隠すために強がって口にしている可能性もあるので,この記事だけから判断するのも難しいんですけれど,まがりなりにも「せいせいした」は悪質。

これまで,いじめについては,「いじめられっ子」が存在することで,「いじめられないっ子」の秩序を再確認する作業なんだと思っていました。つまり,いじめられっ子がいじめられているところを見ることで,あるいは自分がいじめることで,「自分は向こう側の人間ではなくてこちら側の人間なんだ(なぜなら,いじめられていないから)」と再確認する,と……。あたしゃ別にいじめの研究なんてやってませんから,漠然とそう思っていただけなんですが……。

つまり,「いじめられっ子」ってのは,いじめられっ子として集団の秩序を負の位置から支えている,と思っていたわけです。反対に,「いじめられっ子」の存在そのものが無くなってしまったら,集団が不安定になってしまうはず。その意味で言えば,いじめられっ子は「生殺し」の状態になることはあっても,本当に「殺される」ことはありません。いじめられっ子の死は集団の死をも意味するからです。「いじめっ子」がよく漏らす,「まさかこんなことになるとは」といった言は,「生殺しのはずがいきすぎてしまった」と解釈していました。

ともあれ,今回の「せいせいした」が本心だとしたら,この理屈では説明できません。被害者を集団から排除する意思があったと考えられて仕方ないからです。

一方で,以上は「いじめられっ子が集団の秩序を維持している」という考え方ですけれど,反対に,「いじめっ子はいじめられっ子を排除することを目的としていじめる」とする考え方もあるようです。カタルシスとしてのいじめ。今回の事件が被害者の集団的な抹殺を目的にしていたとすれば,こっちの方が説明としてしっくりくる感じがします。

いじめられる生徒には、転校生、外国人、混血児、身体障害児、知的障害児など、学級の他のメンバーとは異質なところがある子供が多い。勉強ができるとか先生にかわいがられているなど、価値的に上の子供であっても、クラスから浮き上がると、「ガリ勉」とか「ぶりっ子」などの烙印を押され、いじめられる。学級内の異質なメンバーは、同じメンバーでありながら、同じメンバーでない、内にして外という、どっちつかずの両義性、曖昧さを帯びている。

いじめとは、学級の秩序を創るために、こうした曖昧さを保存する活動なのだろうか。もしそうなら、いじめる側は、いじめられっ子が登校拒否になったり、転校したり、自殺したりして、いなくなることを阻止しなければならないことになるが、これは事実に反する。いじめの目的は、曖昧な両義的存在者を創り出すことではなくて、それを抹殺することにある。

スケープゴートとは何か

「いじめる側は、いじめられっ子が登校拒否になったり、転校したり、自殺したりして、いなくなることを阻止しなければならないことになる」というのは,先に書いた考え方と一致します。んでもって,「集団の秩序維持」という観点からいじめを見る場合,ここで問題となるのは,中間的な存在者としての「いじめられっ子」を排除すれば集団が安定するのか,反対に彼/彼女を留め置くことで安定するのか,ということになるんだと思います。

あたしゃこれ以上詳しいところに立ち入る知識も考え方も持ち合せていないので,ここから先は憶測になってしまうんですけれど,どうも,どちらかが正しいとかいった話ではなくて,ふたつの考え方が併存している感じがします。んでもって,中間的存在者について,集団としてどういう地位を与えるのか,といった話は,ほとんど偶然が左右しているんじゃないでしょうか(とかいったら元も子もないんですけどね)。

この後,この学級はどうなるんでしょう……。冒頭の理屈に従うなら,秩序維持のために再びスケープゴートを探すことになりそうです。また,後者の考え方によっても,カタルシスとしてのいじめは「ガス抜き」にしか過ぎませんから,集団のエントロピーが高まれば,また犠牲者が出るはず。あるいは,活動しなければエントロピーも高まりませんから,ガスが抜けきって死んだような学級になるのか……。棺桶を覗いて笑っている向きがいるということは,まだ活動する元気はありそうだけれど,それは笑っていた連中がいじめられる側に回る可能性も示唆している,といったところでしょうか。

まだ10月。桜の季節は遠い。

# そうそう,いじめられないコツはですね……どの集団からも適度に疎外されていることだと思うんです。それはそれでツラいんですけど,身内に殺されることはないはずです(身内なんてありませんから)。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN