Entry

積極的な行動をとるほど深刻化する「いじめ」のジレンマ

2006年11月13日

話題になっているようなので,少し思うところを書いておきます。

いじめがどんなものなのか人によって解釈が違うみたいだけれども,あたしは,具体的な害悪そのものというよりは,共同体を維持する目的に基いた負の側面だと考えています。個人的な経験から言うと,穏やかないじめでは,いじめられる人が順番に軽く回ってくるのに対して,ひどいいじめは重い害悪が1人に集中する傾向がある感じ。いずれにしても,あたしの解釈では,共同体を維持する作用なんだと思っています。

つまり,共同体を維持するには,積極的な側面として「友情」だとか「連帯感」だとかを育む必要があるわけですけれど,反対にそれを相対化する負の側面も必要なんじゃないかと思うわけです。絶対的な友情や連帯なんてのが無いことは,明らかなんですから,「何かと比べて」友情度が高いとかいった具合に相対化しないといけない,と,そんな感じ。いつだったか,同じような話を書いたときに,スケープゴートという言葉を使ったけれども,まさに生贄です。んでもって,いじめられっ子には酷な言い方かもしれないけれど,いわば必要悪とも言えるんじゃないか,と。

もちろん,必要悪とはいえ悪は悪ですから,許しちゃいけません。なんとかしなくちゃいけません。けれど,この「なんとかする」ってのが,「いじめ撲滅に向けて積極的に行動すること」かというと,あたしゃそうは思えないんですね。

どうしてかというと,負の側面において共同体そのものが「いじめ」に基いている以上,「いじめ」そのものを撲滅することは共同体そのものを壊すことになるからです。仮に,いじめられっ子がいじめられなくなったとしたら,それは今までの共同体(権力関係,コミュニケーションのあり方等々)とは別物になっているはず。一方で,「いじめ」は共同体を維持するためにありますから,現存している共同体の維持する方向に力が働いています。

結局,どういうことが言いたいのかというと,いじめられっ子は,特定のいじめっこにいじめられているわけではなくて,共同体そのものの作用にいじめられているということです。あくまでも,あたしの解釈ですが。

もしこのように解釈するとすれば,「いじめを撲滅する」といった積極的な行動は,いじめの対象を集中化するだろうし,程度もひどくなるはずです。いじめに対抗するということは,「共同体を破壊して再生すること」と同じことだからです。少なくとも,いじめられっ子は特定のいじめっ子だけではなくて,共同体そのものを相手にする必要があります。で,こんな勝負が勝負にならないのは,目に見えています。逃げるが勝ち。

それじゃ,今の子供に「逃げ場」はあるんでしょうか。

今の子供がどういう生活を送っているのか,あたしゃよく分からないんですけれど,あたしの時代よりも,はるかに「逃げる」ことが難しくなっている印象があります。学校(学級)の機能はどんどん肥大化して,本来家庭や地域ですべきこともアウトソージングな状況……。子供にとっては,学校が(ほぼ)全てなわけで,逃げ場はどこにもないと思うわけです。運良く引き込もれる場所があれば,命がつながった分だけ幸いというべきなんじゃないでしょうか。

もちろん,「逃げるな!戦え!」の精神で「いじめ撲滅」という積極的な行動を取るのも,社会的には大切だと思います。けれども,いじめられっ子本人にとっては,「逃げ場」を作る方が効果的だと思ったりします。たいていの個人は集団を相手にできるほど強くありませんから。学級ではいじめが続くかもしれない,けれど,「それが全て」という状況とそうじゃない状況とでは,まるで景色が違うはずです。

あたしゃ,この前のエントリで「どの集団からも適度に疎外されていること」が,いじめられないコツだと書きました。「疎外されている」というのは,「距離を置く」ということで「自立(自律)する」ということです。ぶっちゃけた話,特定の共同体に所属しなくても,最低限の幸せと生きがいを保ってていられる,ということ。なかなかしんどいけれど,それはそれで楽しいもんです。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN