Entry

スルーしてもいいんじゃないかと思う発言(自分の場合)

2006年12月13日

あたしの場合のスルー基準(思い付き)です。スルーする場合は,発言そのものが悪いとかいうよりは,「反応のしようがない」というのが主たる理由のような気がします。

  • 感想だけの場合
    • 良い感想なら嬉しいし悪い感想ならナニクソと思います。いずれにしても他人様の感想を聞けるのは建設的。けれど,感想はその人の中でしか通用しないから,その時点で対話は終了しています(例:「つまらん」という人には「そうですか」としか反応できない)。形式的に反応することでコミュニケーション能力アップか。
  • その人なりに納得したようだけれど,こちらからするとサッパリな場合
    • あたしはともかく本人は自分の体系から納得したようなのでめでたしめでたし。「もっと詳しく!」と食い下がることもできるけれど,そこまでパワーはありません。
  • 論理的にアレな場合
    • 対話の前提ですから「儀礼的なんとか」で……。
  • そもそも自分の発言に対して発せられているのか分からない場合
    • 疑わしきは存ぜず。クリリンなんていませんから。
  • 筆者が見そうもないところに書かれている場合(マイナーな掲示板,SNS 等)
    • 反応は要らなそうだから心に留めておくだけ。一頃前と変わって SBM の反応はちゃんと読むようになった。
  • 面倒な場合
    • ごめんなさい。

逆に,「スルーしちゃいかんな」と義務感を感じる場合は,こんな場合です。

  • 誤読,誤訳,(形式的な)論理の誤り等についての指摘
  • 追加の情報提供,「似たようなリソースを作ってみました」な記事
  • 疑問,質問
  • 「異なる視点」で同じテーマについて書かれた記事

漠然と並べ立ててもあまり意味はないと思うんですけれど,列挙してみると,「反応しなくちゃいかんな」と思う場合というのは,「反応する余地がある」ことを前提にして,かつ「こちらが反応することを本人が求めているように思える場合」といった具合にまとめられる感じがします。あとは,こちらが面倒じゃない場合か……(ごめんなさい)。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN