Entry

サンタユニフォームについて思うこと少し

2006年12月24日

この季節になるとサンタクロースの格好をしたサービスがあるわけで,昨日晩ご飯にピザを頼んだら,宅配のお兄ちゃんがサンタの格好をして来たのでした。

で,その様子に思うことはあまりなくて,「あ,そういえばそろそろクリスマスか」なんて思ったくらいなんですけれど,ふと,宅配のあんちゃんを見ると,いかにも嫌そうな顔しているのです。もう,早くこの場から立ち去りたいくらいの雰囲気で……。いつもは丁寧に渡してもらえる伝票とかお釣りも,片手で受け渡し(※ピザやサイドメニューは片手で受け渡すけれど,精算時は両手でやりとりするんです)。あたしが両手で受け取っちゃったりなんかして,なんだか「サンタさんから施しを受けているかわいそうな人」みたいな構図になっていました。そういう構図を思い浮かべて,お釣りを受け取るときに,ちょっとニヤニヤしちゃったんですが……。

その店には,お得意様のDMをもらうくらい,よくピザを頼んでるんですけれど,こういったことは滅多にありませんでした。いや,今回が初めてだと思います。マニュアル通りの文句を並べるものの,雰囲気は良いと思っていたんですけどね。

んでもって,後から思い直したんですけれど,これってサンタのユニフォームが原因だったんじゃないかと思うんです。

ああいうのは,時期が時期だけに,「みんながやってるから怖くない」みたいなところがあるけれども,相当浮きますよね。多分,バイクでうちに来る間も少なからぬ好奇の視線に耐えてきたはずです(少し大きめの道を通って来るんです)。好奇の視線を受けることは,人によって好き嫌いがあるわけで,コスプレ好きにはたまらないものの,そうじゃない人には苦痛でしかありません。多分,あんちゃんは嫌だったんだろうな……と,勝手に原因を作ってみたのでした。

そんな折,今日某駅前を歩いていたら,サンタの格好をしたミニスカートの女の子が嬉々としてチキンを売っていました。もちろん,街頭販売ですから嬉々としてなきゃ困るんですけれど,昨日の一件を経験したあたしからすると,そのギャップがどうにも際立って見えてしまいます。「お前その格好がしたくて仕事やってるだろう」と,意味不明の指摘をしてみたい衝動が……。いや……しませんでしたけど。事情を知らない人にとっては,ただのアブナイ人になってしまいます(知っててもアブナイか)。

とにかくですね,言いたいことはどういうことかということ,サンタのユニフォームを着せたからといって,みんながサンタになれるわけじゃない,ということです。まさに適職といったサンタがいる一方で,役になりきれないサンタもいるわけで,普段のサービスに支障を来すなら,むやみにユニフォームを着せることもなかろう,と。

あんちゃんの話に戻ると,ほんと,何か罰ゲームを受けてるみたいな雰囲気でした。そういえば,昔,保育園のクリスマス会で黙々とプレゼントを配るお父さんサンタさんがいたけれども,あれも普通の格好で(お父さんとして)渡させてあげた方が良かったんじゃないかと思ったりします。

先生 「それじゃ,みんなでサンタさんを呼びましょうね!せーのっ」
(全員) 「サンタさぁーんっ!」
[お父さんサンタさん登場]
サンタ 「……」
子供達 「キャーッ!」
サンタ 「今年も1年いい子にしていたかな……いい子にしていた子には……」
男の子1 「オレ知ってるよ。あのサンタ,○○君の父さんなんだ」(ヒソヒソ声で)
男の子2 「うそだっ」(←サンタは実在すると思っている)
男の子1 「だってさっき裏で着替えてたもん」(←サンタは実在すると思っているがアレは偽物だと思っている)
男の子2 「うそだっ!」(少しヒートアップ)
男の子3 「お前サンタがいないの知らねーの?」
男の子1 「サンタはいるけど……」
サンタ 「……」(←サンタになりきれてないから収拾が付かない)
[以後,機械的にプレゼント配布]

みたいな……。ちょっと切なくなってきます。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN