Entry

XftGnuEmacs をほんの少しだけ触る

2007年03月06日

Xft 対応の GNU Emacs があるという話を聞いて,ちょっと使ってみました。まだフォントも何も設定していないんですけれど,こんな感じで表示されます。

XftGnuEmacs_screenshot.png

ちゃんとアンチエイリアスがかかっています。作り方は,リンク先の説明に従って CVS からダウンロード,configure → gmake でオッケーです。FreeBSD の場合,gmake を使うのを忘れなければ,割とあっさりとビルドできちゃいます。

使ってみたところ……まぁ,普通の Emacs と変わらないんですけれど,\C-e の挙動が微妙におかしい(というか,明らかにオカシイ)とかいったことありました。ここら辺は開発中の御愛嬌といったでしょうか(文句があったら直すのもアリか)。

で,.emacs なんかに参加させてみようかと思って(うちの .emacs はバージョン毎に読み込むファイルを振り分けるようにしている),バージョンを調べたんですけれど……。

GNU Emacs 23.0.0.1 (i386-unknown-freebsd6.1, GTK+ Version 2.10.6)

な,なんだってー!?

次世代 Emacs は遂に GTK Xft 対応か……(憶測)。世の中変わったもんじゃのう……って,どこの爺さんだ。最近はやっとこさ vi を使っていてもストレスを感じなくなったもんで,これといって Emacs に執着はないんですけれど,アンチエイリアスのかかった Emacs ってのは,ちょっと常用してみたくなります。フォントの設定が楽になれば,なおグッド。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN