Entry

本にしたい PDF,PDF にしたい本

2007年04月10日

ここ数日 PDF の仕様書なんてのをつらつらと読んでいるんですけれど,画面でよむのがしんどいのなんのって……。総ページ数 1310 ページ。印刷しないと読めません。

そんなもんで,こういうのは印刷しようと考えるわけです。わけですけれど……分量が異常に多い……。100 ページくらいだったら自前のプリンタから出力できるけれど,1000 ページを越えると,Adobe のリファレンス・マニュアル買った方が早いんじゃね?という話に……。なんだなかなあ。

PDFリファレンス第2版―Adobe Portable Document Format Version 1.3
アドビシステムズ ドキュメントシステム
ピアソンエデュケーション (2001/09)
売り上げランキング: 84819
おすすめ度の平均: 4.0
4 唯一の解説本

もちろん,巷には PDF を持ち込んで印刷・製本してくれる業者もあるようです。けれど,いまいちリファレンス本より安くはならないみたい。Kinko's で半分自分で頑張っても,10000円は超えてしまいます。それでも,2ページで1枚印刷すれば,5000円くらいか。微妙だ。両面印刷は2枚分の料金を取られるので,好みの問題になりそうです。

一方,印刷したい PDF がある一方で,PDF にしたい本ってのもあったりします。200〜300ページくらいまでで,リファレンス用途じゃなければ(ぐんぐん読み進む類の本),PDF の方が場所も取らないし,便利だと思うんです。また,しばらく読む予定はないけれど,手元に置いておきたい本も電子化したいもんです。

ここら辺で,数年前から欲しい欲しいと思っているのが,Fjitsu の Scan Snap。これはすごい。

FUJITSU ScanSnap(スキャンスナップ) S510  FI-S510
富士通 (2007/02/10)
売り上げランキング: 527

PFU が作ってたと思うんですけど,Fujitsu が売ってるんですね。どういう関係にあるんだろ。

Scan Snap は1分間に18枚の両面スキャンができるドキュメント・スキャナです。しかも,スキャンしたページは自動的に添付の Acrobat で PDF に変換してくれるというスグレモノ。以前,フラットベッドのスキャナで溜まった雑誌を取り込もうと思ったんですけれど,0.5冊スキャンした段階で諦めたのでした……。1枚あたり3分近くかけて片面スキャンしてるようじゃ,時間がいくらあっても足りません。

ただ,普通のスキャナと比べると,Scan Snap はかなりお高いわけで,相当な覚悟で清水ダイブしないと買えそうもありません。Acrobat が付属している段階でお特なことには違いないんですけどね。今ひとつ勇気が出ない(ついでに金も出ない)。

電子化したいコンテンツと印刷したいコンテンツってのは,人によってマチマチですから,あたしが電子化したいコンテンツと他人様のそれは多分違うんだと思います。だからこそ,電子媒体と印刷媒体の間を簡単に行き来できる仕組みがあればいいなぁ……とは思うんですけどね。あれこれゴネたところで先立つものが無いと何にもできない,と。やれやれ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN