Entry

「Microsoft は死んだ」とノートバッドに書くような人

2007年04月11日

なんというか,なんと言ったらいいんでしょ。こういう文句,知ってるコンサルの人がよく口にしてる。

数日前、私は突然マイクロソフトが死んだのを実感した。私は若いスタートアップの創業者に、Google が Yahoo とどう違うのかということについて話をしていた。私は、Yahoo がマイクロソフトを恐れたためにスタート地点から逸れてしまったと言った。それこそが、Yahoo が自分たちのことをテクノロジー企業でなく「メディア企業」だと位置づけた理由である。そしてその創業者の顔を見て、彼が私の話が分かっていないのに気づいた。まるで80年代半ばに女の子達がどれだけバリー・マニロウを好きだったか話したようだった。バリーって誰よ? みたいな。

Microsoft is Dead 日本語訳

でも,そんなこと言いながら手元ではウィンドウズでパチパチやってるもんだから,そぞろに悲しいんですね。ちょっと本文から離れちゃうんですけれど,思い出したので書いときます。

パソコン関係にちょっとウルサイよ!な人(の一部)を見ていると,たまに,Windows を散々コキおろすくせに,普段の環境でバッチリ Windows を使ってる人を見かけます。むしろ,Windows をゴリゴリ使ってる人に限ってこういうことを(なぜか自慢気に)話したがる傾向がある気が……。あれってどういうダブスタなんでしょう。見事な言行不一致なもんで,どっちを信用していいのか分からなかったりします。

そういえば,別の人で,以前「MFC は内部にバグがあるから怖くて使えない」とか「User32.dll はスパゲッティ・コードに違いない」とか,ありそうななさそうなことを平気で口にするプログラマにも会ったことがあります。どうやら,コダワリの雰囲気を演出したつもりらしいんですけれど,「どうして分かったの?(情報源はどこ?)」と聞くと,困っちゃったりして……なんなんだ。プロとしての自覚が足らんのじゃないか,と……グチグチ。その人も,なんだかんだ言うくせに,Windows Vista を使ってたわけで(もちろん Platinum)なんだかなぁ……な感じです。FreeBSD を勧めたんですけど,「何それ?」で終了でした。

そんなもんで,「Microsoft が死んだ」という文句は,まだ印象操作の段階という認識です。真面目に向き合うことも当分ないんだろうな……と思う,今日このごろ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN