Entry

本日の名言 - そんな古臭さに対する若者の自然な軽蔑

2007年04月22日

毎年この時期になると出てくる話題なんですけれど,「痛いニュース(ノ∀`):“タメ口で話す、挨拶できない、非常識…” 新入社員のあきれた言動アンケート」のコメント欄から……。

1491. Posted by /    2007年04月16日 02:40
マナー以前の問題として、基本的にリー
マンって「群れるシステムorルール」の中で
仕事してる時点で、既に何かが間違って
いるような気がする・・・

そんな古臭さに対する若者の自然な軽蔑が
見え隠れしている気もする
痛いニュース(ノ∀`):“タメ口で話す、挨拶できない、非常識…” 新入社員のあきれた言動アンケート

あたしゃ今どきの若モンは,そこらのオッサンと比べて,よっぽどマナーができていると思っているんですけど,そりゃあたしの周りだけの話なのかな。むしろ,心配するのはオッサンの方……。上から小突かれる機会が少ないせいか,自省する機会を失っているオッサンは,自分で気付かないとそのまま突っ走ってしまうように見受けられます。マナーの悪いオッサンは,見ていてホント痛々しい。「このヒト,住処(会社)を追い出されたら,他に行き場はないんだろうな」と……。その意味で言えば,「若者」の方は今のうちに「最近の若者は……」とか言われてた方がいいのかも。

コメントの話に戻ると,「マナー以前の問題」として「群れる」ことに対する価値観が薄まっている,というのは,おそらくあるんじゃないかと思っていたりします。赤信号だろうと青信号だろうと,みんなで渡れば恐くないとか言う以前に,「なんでみんなで渡らなきゃいけないのサ!」みたいな……。

ここで,念のために注釈しておきたいのは,「群れる」ことに対する価値観が薄まっていることが,会社なりなんなりの目的に対する共同作業を乱すことと直結するもんじゃない,ということ。チームワークみたいなもんは,それぞれの成果の積み重ねだったりするわけで,その積み重ねに貢献できていない人は,プロジェクトなり仕事なりの中でそもそもコミュニティに加わっていない。

おそらく,そこら辺に対するドライでシビアな態度ってのは,世代を下るごとに高まっているんじゃないかと思います。本当に敬語を使えない人は措いておくにしても,「こいつに敬語を使ったところで,自分なり組織全体なりにとって得になることはあるんだろうか……」とか,算段しちゃったりして。あるいは,敬語を使うにしても,語尾に「(藁」(※声にならない声)が入っていたりして。

一方,「群れる」ことを前提とした発言としては,こちらに顕著に表われている気がします。

1511. Posted by あ    2007年04月16日 03:10
敬語使いたくないヤツは会社組織の中で働く事をあきらめたほうがいいね。
自営とかあるわけだし。
まぁ自営でもタメ口きいててお客さんを得れるかって言うとそんな事ないんだけどね。
まぁ要するに敬語使えなきゃ大体の仕事が出来ないよってことだ。
痛いニュース(ノ∀`):“タメ口で話す、挨拶できない、非常識…” 新入社員のあきれた言動アンケート

こうした村八分的な言動も,「ムラ」があるからできるわけで,価値観としてはとてもウェット。それが悪いわけじゃないけれど,こうしたムラ的な雰囲気を軽蔑する若者はたしかにいます。

あたしは普段敬語を使ってますけど,理由は単に「無難だから」といった程度だったりします。こんなもん慣れりゃ大したことはないし,言葉の使い方をいちいち気にして,変なリスクを背負い込むのもバカバカしいですもんね。そんなこんなで先日は,ウェットな返杯を受け過ぎてグデングデン……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN