Entry

そろそろブログツールの機能もネタが無くなってきた気がする

2007年07月12日

どうも Movable Type 4.0 Beta 6 が出ているんだそうです。新しい UI になったり,OpenID に対応したりと,新機能や改善点がもりたくさんなんだとか。けれど,個人的な話をすると,全般的にブログツールがどうでもいい方向に向かっているような感じがしているもんで,フーンと思いつつ,どうでもいいやな感じになっています。

movabletype.org: What's New in Movable Type 4 を見る限り,4.0 は必ずしも必要とは言えない機能がゴテゴテと付いた印象があります。例えば,WYSIWIG。あたしゃエントリを作るとき,HTML のタグを直に打って書いてるんですけど,そうした書き方をしている人にとってみたら(あまりいないか?) WYSIWYG な編集環境なんていりません。第一,どんなタグが入るか分からなくてちょっと気持ち悪い……。その前に編集環境がブラウザを選ぶようになってしまったのは,ちょっと残念……みたいな具合です。と,そんなもんで,What's New を読めば読むほど,Movable Type は 3.x で一旦完成を見たんだなぁ……といった考えが強まってしまったというわけです。それにしても,WYSIWYG な編集環境を作るのって,それなりに重い作業だと思うんですけれど,それをやるなら貧弱な dynamic publishing の plugin 環境をどうにかしてもらいたかったです。

考えてもみると,ブログツールは全般的にネタ切れ感が強い感じがしていて,これはブログを「前提とした」サービスが普及してきていることと関係があるように思っています。つまり,あたしの印象ではネットツールが以下のように変遷している感じがしているということ(下にいくほど応用的になる)。

  • コンテンツの制作環境整備(ブログツールとか Wiki とか)
  • 上を前提として,コンテンツ間の連携環境の整備(SBM とか)
  • 上を前提として,他人が作ったコンテンツの尻馬に乗る環境の整備(アレとかコレとか)

もしこうだとすると,ブログツールのような基本的なツールの場合,その上に乗るサービスがブログサービスとしての要件を決めちゃうところがあるわけで(例:RSS や Atom 以外のフィードフォーマットを作っても,上のサービスが実装してくれない(追い付けない)),ドラスティックな仕様変更・追加は,これまでのように簡単にはできなくなるんじゃないかと思えます。

そういった意味で言うと,ブログツールはいわば白物家電化しているわけで,「新しいバージョンが出た!明日はホームランだねっ!」みたいな話にはならないんじゃないかと思ったりもします。いわゆるコモディティ化といった話で,似たような話は他にもあると思うんですけれど,MT4 の成果を見て,そこはかとなくそんなことを考えてしまいました。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN