Entry

読まなくていいやなフィードをフィードリーダーからコッソリ消してくれるシステムを妄想

2007年07月16日

フィードリーダに登録したフィードは意識して外さないと整理できないわけですけれど,溜まる一方では全部読むことができなくなってしまいます。そんなわけで,こんな感じのフィードリーダを妄想。

  • あぁ……ダメだ。と思ったエントリに「ダメ印」(仮)を付けられる。
  • 基本的にブラックリスト方式とし,「ダメ印」が付いていないフィードは何も影響を受けない。
  • また「ダメ印」は共有するものではないので,他人が閲覧することはできない。
  • 閾値以上に「ダメ印」が溜まったフィードは,管理ポストに移行する。
  • 閾値は,「ダメ印」エントリの数と割合(「ダメ印」エントリ / 全エントリ)の両方を指定することとし,どちらか低い方が処理の対象となる。
  • 管理ポストにあるフィードは,初期表示時,一覧に表示されないとか,何らかの数(登録数など)にカウントされないとか,そんな効果がある。
  • 管理ポストにあるフィードは,専用の一覧画面から参照することができ,ユーザはそこで本当に消すかどうかを判断する。
  • ユーザがやっぱり必要だと思った場合は,管理ポストから通常の一覧に戻すことができる。その際,「ダメ印」の数は0にリセットされる(←ミソギ機能)。
  • ユーザが不要だと判断したフィードは「管理ポストにあるフィードをクリアする」の機能で消去することができる。
  • 上記の判断が面倒な向きのために,管理ポスト移行後,一定期間経過したフィードを自動的に消去する機能がある。

さらに,以下は付加機能。ブラックリスト方式の例外として位置付けられます。

  • コダワリのユーザのために,ホワイトリスト方式に切り替える機能がある。この機能では,一定期間内に必要な「イイ印」(仮)を獲得できないフィードが管理ポストに移る。
  • ユーザが「ダメ印」を付けていないフィードであっても,「このフィードもいらないんじゃないですか?」と似たようなフィードを示唆してくれる機能がある(←ミチヅレ機能)。
  • みんなが読んでるものだけを見てりゃいいや,というアナタのために,そのサービスが扱っている全エントリの「ダメ印」を集計した結果を元にして,フィードの登録・削除を自動的に決めてくれる機能がある。
  • 一旦管理ポストに移行したフィードが復活した場合は,ミソギ機能によって「ダメ印」が0になるが,1回も管理ポストに以降していないフィードと区別するために,次回以降「ダメ印」が付いたときの重み付けを1以上に設定することができる。例えば,重み付けを1.5に設定した場合,管理ポストから戻ってきても,2回の「ダメ印」で3ポイントの「ダメ印」が付くことになる(←カルマ機能)。

と,こんな感じ。

いや,なんかウェブサービスの機能って,さわやかで明るいものが多いから,少しささくれ立った機能もあったら面白いかもなー……と思っただけです。はい。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN