Entry

デザイナーとプログラマの分業とかいうけれど(ボヤキ)

2007年07月21日

デザイニングするプログラマは割とたくさんいる。プログラミングするデザイナーは……よく知らない。そういえば,もっぱらデザイン方面の人で JavaScript 得意です!っていう人を知っているけれど,JavaScript じゃシステムちっくなもんは作れないしなぁ……。それなら,Ajax があるよ!と言ったとしても,肝心の「問い合わせ先」を作る方が(手間としても機能としても)メインなわけで……。Web2.0 であれなんであれ,デザイニングがメインストリームになることは,ありえないんだと思ったり思わなかったり……ゴニョゴニョ。

MVC 的な考え方が広まって,「表現とロジックの分離」なんて言葉も一般的になりました。その手の本の挿絵には,ロジックを作るプログラマの絵と,プログラマが用意した部品を使ってデザイニングを行なうデザイナーの絵が描かれています。いかにも協調しているかのように。けれど,ここら辺の挿絵にはある意味誇張があるわけで,これを本当だと信じるのもどうなんだろうと思ったりもします。どこに誇張があるかというと,この両者が「対等」であるかのような見せ方をしている点。どの記述を読んでも,「両者が対等である」とは一言も書かれていません。んでもって,これは書く必要がないから書かれていないのではなくて,そう書けないから書かれていないんだと思っていたりします。

これはデザイナーの方々を卑下して言っているわけではなくて(気を悪くした方がいらっしゃったらごめんなさい),少しシステムちっくなものを作ってみれば分かることだったりします。例えば,Google が Ajax やらなんやらを使ってきれいな UI を用意したとしても,実はその何倍もの工数とお金(同じか?)が投じられて裏方のシステムができていたりします。Web2.0 を語るなら,むしろソッチが語られるべきなんじゃないかなぁ……と思ったりするわけです。

Web2.0 は経営的側面と見栄え的側面から分析されることは多いけれども,裏方の屋台骨が取り上げられることは滅多にありません。アジャイルな開発がどうとか,みたいな話はあるけれど,そのほとんどが(逆説的に読めば)フレームワークなしでは生きていけない……みたいな言い回しだったり(たしかに一理あるんだけれど)。ただ,今時のシステムがみんなアジャイルなのかというと,そういうわけでもないわけで,漸進的に進んでいる技術もあるわけです。

Web2.0 なる環境が生まれたことで,デザイナー(つまり MVC の V)とその取り巻き(CSS とか?)はこれから大変な競争に入るじゃないかと思います。というか,もう大変な競争になってるのかな?それじゃプログラマが安泰かというと,それもどうなんだろ,とも思うわけですけど(アレ?)。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN