Entry

メモリが安くなっていたから足してみた

2007年08月01日

この頃 DDR-SDRAM が安くなっているようなので買い増し。ノーブランドだと PC-3200 が1GBで5000円台です。うちにある FreeBSD BOX には1GBのメモリが1枚挿さっていて,今回3GB買い増したので合計で4GBになりました。メモリチェックも終えて,ひとまず一息です。

で,4GBのメモリをどう使うか,とりあえず悩むんですけれど,まずは,重そうなアプリケーションの割り当てメモリを増やすことにします。対象は Eclipse と Firefox。

Firefox は「Mozilla Re-Mix: 効果歴然!Firefoxのメモリ使用法を変更して軽快に動作させる方法」を参照させていただいて,とりあえず1GBを割り当てます。Eclipse はというと,Java VM の初期ヒープ領域を大きめに取ればいいみたい。具体的には,FreeBSD の ports からインストールした場合,/usr/local/eclipse/eclipse.ini に以下のような設定を加えればいいようです。

-Xms512m
-Xmx1024m

最小で512MB,最大1024MBで設定してみます。さすがにこれだけ取っておくと,割と大きなプロジェクトでもそれなりにサクサクと動きます。

実はこの他にもカーネルをゴニョゴニョとチューニングしてみたんですけれど,どうも体感速度に結び付きませんでした。うちのパソコンは CPU が Pentium4 1.6AGHz なので,ボトルネックがあるとすればここら辺のような気も。もうひとつ言えば,単純に速く感じているのも,実はメモリを偶数枚挿してデュアルチャンネル構成になっただけだからという気も……。

体感速度だけじゃパフォーマンスがどんなもんなのか分からないので,近いうちに調べることにします。それにしてもメモリ安くなったなぁ……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN