Entry

Wikipedia に絡む企業・団体なんてのはいくらでもある

2007年09月08日

こちらの記事から。

誰でも自由に執筆・編集ができるオンラインの無料百科事典「ウィキペディア」日本語版で、複数の省庁のコンピューターから、役所に都合のいい修正が行われていた実態が、次々と明らかになってきた。指摘を受けた各省庁は「職員個人の職務外行為」と釈明する一方で、「犯人」を捜し出し「厳重注意」するなど火消しに躍起だ。

asahi.com:ウィキペディア 省庁から修正次々 長妻議員の悪口も - 文化・芸能

Wikipedia は,「誰でも自由に執筆・編集ができる」のが建前なんだから,役所が自分にとって都合のいい情報を書いたところで,encyclopedia として成立している限りにおいて(Wikipedia の運営方針としては)問題はないはず。へんてこな情報は淘汰されることが前提なんだし(※参照:Wikipedia:ウィキペディアは何でないか - Wikipedia)(あたしゃそういう楽観論には懐疑的ですけど)。もちろん,仕事中に編集していたとしたら,そりゃそれで問題なんでしょうけどね。朝日の記事では公権力による印象操作みたいな語調で書かれているけれど,Wikipedia はそういうもんも織り込み済みで運営しているはずだし,そうじゃなきゃいけない。役所としては,印象操作よりも漏洩の方が心配か。

印象操作とはちょっと違うけれども,Wikipedia に絡んでいる企業・団体というのは割と多かったりします。例えば,PDF に関する記事の場合(参照:Portable Document Format - Wikipedia),「外部リンク」の項に,アンテナハウス社がかなり不自然な形で掲載されています。Adobe は分かる。けど,なんでアンテナハウスなの?と。

で,調べてみると,やっぱりアンテナハウスが編集した痕跡がある(参照:WikiScanner results)。もっとも,アンテナハウスの場合,少なくとも会社の IP で「外部リンク」の項を編集した形跡はないし,また自社製品を項目立てているとはいえ,PDF 関連規格の説明についてもかなり詳しく書いていたりします。その意味で言えば,同社は Wikipedia の encyclopedia 編集者としての役割を果たしているわけで,売名なりなんなりと即断するのは難しいところ。

ともあれ,Wikipedia が掲げる原理原則は,もともとそういうもん(誰でも自由に編集することで最終的に良い百科事典ができるという原則)なわけで,それそのものを責めることはできないと思うんですね。結果において,ロクでもない encyclopedia ができるとしたら,その点は評価の対象になるんだろうけれど。そういうわけで,読み手の側も「そういうもん」として受け取らないといけないわけで,みんなが編集できることと,中立な情報が生まれることは別個の議論なのですよ,と,ほげほげ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN