Entry

今日ウケた話 - 文化系が体育会系に憧れてする体育会系のノリはウザい

2007年12月10日

文化系の集まりで,ほんとは体育会系のノリなんてまっぴらな人が多数なんだけれど,どういうわけだか勘違いしちゃった(本当の体育会系のノリを知らない)人がはっちゃけちゃって,全体がそのノリに流されてしまう……みたいなことがあって,あーあ……と思いました。全部についてあてはまるかは分からないけれど,少なくとも,あーあ……と思ったその場では,よく当てはまる分析だったな,と(※そう分析したのはあたしじゃない)。

体育会系のノリは,理不尽な話が立場の弱い人に向かうもんですから,大抵,体育会系のノリがまっぴらな人の中でも,とりわけまっぴらな人に矛先が向かいます。これは見ていて本当に残酷だ。しかも,はっちゃけちゃってる当人は,本当の体育会系のノリを知りませんから,理不尽の度合にも際限がありません。ある意味イジメに近い(というかイジメ)。

リミッターが壊れちゃってる(というか元々ない)人の体育会系のノリは,ほんと怖いと思います。そゆとこに限って,「自分のところの新人さんは,『なぜか』すぐいなくなっちゃうんだよなー……」とか言っちゃうもんだから,「こりゃ自覚症状まったくねぇな」とか思ったりもして……。

あたしくらいの年齢の集まりだと,イジメも「社会勉強」とかいった便利ワードで括られちゃうもんだから,なおのこと厄介です。大体もって「社会なんたら」とか言えちゃうのは,立場が強い人だけなんですけどね……とか云々。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN