Entry

FreeBSD 7.0R をインストール中

2008年03月11日

まとまった休みができたので,これを機会に手元の FreeBSD BOX のバージョンを 7.0R にアップグレードしています。これまで使っていた 6.1R からは,xorg のディレクトリが変更されているので(/usr/X11R6 → /usr/local),まっさらにして再インストール。

今回は MP 対応がメインみたいなので,バリバリのシングルプロセッサを使っている我が家のマシンにとっては,あまり関係がありません。Emacs をそろそろ 21.x から 22.x にしたいと思っていたところ,ちょうど 7.0R も出たので,この際全部とっかえることにしたのでした。

とりあえず,微妙にはまったところをメモ。

  • xorg のディレクトリが変わっているので,xorg.conf で module path を設定している場合は,よろしく変更する必要があります(そもそも自動検出するそうなので,設定する必要はないんだとか)。
  • nvidia-driver をインストールしたら /boot/loader.conf に linux_load="YES" と nvidia_load="YES" を書いておく。以前は ports からインストールしたら勝手に書き込んでくれた気もするんですけど,ちゃんと書いておく必要があります。
  • Firefox 2.0.12 を ports からインストールしようとするとパッチ当てでコケるみたい。原因を調べるのも面倒だから package からインストールしちゃいました。
  • カーネル再構築時の controller で isa が削られているので,古いカーネル設定ファイルを使い回す場合は isa の行を削っておく(使い回すこと自体アレなんですけど)。

この頃はあまりはまるところもないもんで,インストールも淡々と機械的にやっていたりします。Emacs 22 の設定はまだなんですけれど,はまるとしたらここら辺か……。FreeBSD のアップグレードとは全然関係ないんですけど。

慣れたらもちっと遊ぶつもり。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN