Entry

ぜんまい式アジャン・プロヴォカトゥールってのもできるのか

2008年03月25日

/.J より。

CNETの記事によると、米連邦捜査局(FBI)が、児童ポルノサイトへの誘導を装ったニセのリンクを掲示板等に貼り、このニセのリンクをクリックした人を児童ポルノ処罰法違反容疑で強制捜査を行うというおとり捜査を行っていたそうだ。方法としては、宣伝文と共に偽のリンクを貼ってクリックした人のIPアドレスを記録し、そこから個人情報を特定した上で、児童ポルノ処罰法違反容疑で強制捜査、逮捕、起訴したというもの。

スラッシュドット・ジャパン | FBIが「だましリンク」をばらまく囮捜査を実行

おとり捜査には「犯意誘発型」と「機会提供型」があって,前者は違法捜査が問題になるってな話が有名だったりします。犯意誘発型ってのは,犯意がない人に犯罪を実行させようと働きかける方法で,機会提供型ってのは,もとから犯意がある人にそれを実行する機会だけを提供する方法。

引用はアメリカの話だからよく分からないけれど,日本でも同じ理屈が通じるのかしらん。リンクを張る場所にもよるんでしょうけど,児童ポルノサイトへのリンクを張ってアクセスさせるのは,「犯意誘発型」なんじゃないかなぁ……。

で,ちょっと,思ったんですけれど,違法捜査が問題になる場合に,交通検問/警戒検問ってのがあったりします。網を張っておいて,何か怪しげなことをやっている人を引っ掛ける方法です(特定の犯罪捜査を目的としていない一般犯罪予防)。交通検問は警職法で適法ってことになっているけれど(行政警察権の範囲内なんだそうな),今回の場合もリンクの文言をもうちょっと工夫すれば,これと似たようなことができそうな感じ。なんつーか,リンク張るだけで検問まがいのことができるってのは,便利な世の中になっちゃったもんだなぁ……と(ちょっと論点がずれてるけど)。まずは児童ポルノの本件で引っ張っておいて,別件を取調べ……みたいな感じになるんだろうか。

ネット上の捜査手法を考えると,従来の任意/強制捜査の区別(実務・学説)では対応できなくなっているんじゃないかと思ったりします。ネットは匿名かつ公開で情報が流通することから,従来の区別からすると,ほとんどが任意捜査になるんでしょうけれど,「適正手続的にどうなのよ」な捜査手法も,「任意捜査だからオッケー」な理屈で容認される傾向が強まるんじゃないかと思います。

児童ポルノ法は実体的にもアレだと思うんですけれど,手続的な問題としてネットの領域を考えると,捜査論や適正手続概念もある程度修正が入らないといけない気がします。そうじゃないと,捜査論も画餅のきれい事になってしまう。おそらく,そのときの鍵概念は,「ネットに対する信頼」とか「通信の自由」みたいなもんになるんだと思います。けど,憲法現実的にはあまり重要視されてないんですよね。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN