Entry

ワイドショーのコメンテーターは競争制にすべきだと思う

2008年04月13日

なんでか,毎週テレビ朝日のサンデースクランブルを見ちゃうんですけれど,この番組コメンテーターのコメントの質が,どうしようもなくひどい。コメンテーターは,黒鉄ヒロシとテリー伊藤です。

例えば,さっきやってた,大阪府の府政改革の話。警察官を減らすという橋本知事の方針について,黒鉄氏いわく(細部は違うかもしれないけど,まぁ,だいたいこんな話(テレビは引用しづらいな)),

本末転倒で疑問ですね。まず治安があって財政でしょ。優先順位を間違えているんですよ。

財政破綻したら治安もへったくれもないだろ,という意味では,橋本知事の政策に,必ずしも優先順位の間違いがあるとは思えません。あたしゃ橋本知事の政策そのものはどうでもいいんですけれど(他の府政ですし),コメントの根拠(なぜ財政よりも治安を優先するのか)が示されないので,コメント全体が意味不明です。新橋のガード下と大して変わらん。

ちょっと前に,テレビ番組にかかるコストが適正なものなのか分からんってな話を書いたんですけれど,こんな低劣なコメント(内容以前にコメントとして成立していない)に対しても,お金が支払われている,と。

テレビ放送事業はひどい寡占状態ですから,お金がかかることは分かるけれども,それがそのコンテンツに対する適切な額なのか,までは把握しようがありません。スポンサーにとっては,お金をかけるだけの価値があるかもしれないけれど,視聴者にとってはどうなんでしょ。

qune: 本日のあーあ言っちゃった - 昔のテレビ視聴者は大人だった

上記引用の絡みで言うと,コンテンツプロバイダとしてのテレビ放送が,テレビにお金がかかっていることを視聴者に認識させる,ということは,こうしたわけの分からんコンテンツに対してもお金がかかっているということを,視聴者に認識させるということでもある。コスト意識というのはそういうもんなんだと思います。

サンデースクランブルのコメンテーターは,世代的にも業界的にも性別的にもあまり変わらないわけで,それだけからしても,この二人を揃える意味がありません。無駄無駄。どっちかリストラしたらどうだろう。しかも,レギュラーコメンテーターという地位があるもんだから,コメントも腐る。くだらないことを言うコメンテーターは随時入れ替える競争制を導入すれば,少しは頭をひねってくれるのでは……と,つらつら思う空腹の日曜の午後。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN