Entry

今日読んだマンガ - 『Compiler』

2008年05月13日

中学生の頃,心ときめかせて読んだ(半笑い)『Compiler』を古本屋で見つけたので,ニヤニヤしながら読む。超懐かしいぞ。そういや,どうでもいいことだけど,あたしゃ麻宮騎亜氏って,ちょっと前まで女の人だと思っていました。なんでそう思ってたんだろ……。

コンパイラ (1) (講談社漫画文庫)
麻宮 騎亜
講談社
売り上げランキング: 830201

麻宮氏というと,コンプティークで(『Compiler』はアフタヌーンだったそうだけど),コンプティークというと子供は見ちゃだめ!なゲーム雑誌だったもんで,麻宮氏の作品というと,なんとなく「お兄さんが読むもの」みたいな感覚があったりします。その,「お兄さんが読むもの」感覚には,独特のメタ表現やパロディも含まれているんですけれど,本作品にもそのままそういう空気を感じます。そういえば,ちょっと前に「機動戦艦ナデシコ」の DVD をまとめて見直したんですけど,ナデシコにも本作品にあるようなメタ感覚があった。

『Compiler』は SF ギャグ漫画ということになっていて,たしかにギャグ漫画なんですけれど,SF のギャグ漫画というよりは,漫画一般というか「その手の向き」向けのパロディがちりばめられた作品です。那智が竜(哭きの竜)になって出てくるところには,かなりウケてたんですけど,中学生当時のあたしにゃ「?」だったかも。

なんというか,この頃の漫画パロディは,やたらと頭をひねらないと理解できないもんが多くて,それがそのまま90年代初頭のオタク漫画の空気になっていた気がします。とにかく,ぱっと見でギャグなんだか分からんもんが多かった。まぁ,あたしが中学生だったからってのも,大きかったんでしょうけどね(そんなのばっか読んでたから多かったと感じるのか)。

『Assembler 0X』も読もう……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN