Entry

UI デザインメモ - 10年前から変わらない浅薄なアナロジー

2008年06月08日

ウェブサイトでも GUI なアプリケーションでもそうですけれど,UI(ユーザインタフェイス)を考えるときに,既存ツールのインターフェイスから類推してデザインすることがよくあります。例えば,ボタンのデザインなんかは典型で,何かのアクションのきっかけになるスイッチであることを,示唆します。

こうした話は,Windows が登場する前から盛んに議論があって,当時はバーチャルリアリティのアイデアとごたまぜになっていた感もありました。FM-TOWNS なんかはヒューマンインターフェイスの方面で頑張っていた覚えがあったけれども,どうも現実世界のインターフェイスとコンピュータの機能を実現する意味でのインターフェイスのアイデアがないまぜになっていて,結果的にはあまり使い勝手がよくなかったように覚えています。まぁ,当時はリソースがが限られていたから,現実世界のインターフェイスを満足に再現できなかったってのもあるんでしょうけどね。

じゃあ,コンピュータ上の資源が腐るほどある現在では,こうしたヘンチクリンなインターフェイスはないんでしょうか。あたしゃ思うに,どうも怪しい。

一番典型的なのは,セカンドライフのインターフェイス。内容は充実したけれど,FM-TOWNS がやってたことと対して変わりません。なんでモノを買うために,仮想世界を「歩きまわら」なくちゃいけないんだ。歩き回る不便をなくすために作られた,オンラインショッピングの意味がない。

一方,バーチャルリアリティの側面ではなく,UI デザインの話としてこの話を見る場合も,同じ不便さがあったりします。例えば,次のようなもの。

ウェブページの脚注/参考文献リスト
ウェブページに「脚」に相当するものを連想するのは難しい。脚注は,有限な紙面に注を振る必要があるから設けられたものだけれども,ウェブページでは「紙面」に相当するページに制限がないため,「脚」を考える必要がない。
オーディオソフトのボリューム
オーディオソフトにある手回し式のボリュームを GUI で再現しているもの。ボリュームを「回す」ためにどういう手続きを踏まなくてはいけないのかを考慮していない。現実世界における手回し式のボリュームは,「手」または「指」を使って回すのに最適なインターフェイスになっている。同じ「回す」にしても,指を使って回すこととマウスを使いドラッグして回すことは,根本的に操作方法が異なる。
ワープロソフトやウェブページにある罫線
書くべき,あるいは書かれた文章を表現するときにある罫線。罫線は,手作業でまっすぐな文字列を書くときに必要な線だが,もとからまっすぐ書かれる(レンダリングされる)エディタやウェブページでは必要がない。手作業で書いたかのように,演出する分には問題はないが,それ以上の意味はない。
書籍/CD の管理ソフトにある本棚や背表紙
現実世界では,本棚や書籍の空間的・質量的な制限に適合するために,背表紙を並べる配置方法が採られるが,コンピュータでもこの配置が当てはまるとは限らない。背表紙のデザイン,本棚における位置などで,視覚的に目的の書籍を検索しやすくなるならまだ意味があるが,現実世界における「本の形」を模しただけなら意味がない。

上のようなインターフェイスは,初めて使うときの「とっかかり」として機能はするけれども,何度も使うようになるとうざったくなってきます。それはいうまでもなく,コンピュータとそれに付属する物理的なインターフェイス(マウス,キーボードなど)が本来持っている機能を生かしきれていないから。

ここら辺についての古典としては,『誰のためのデザイン?』が有名です。高校生の頃初めて読んで,それから何度か繰り返し読んでいるんですけれど,今時の UI を考える上でもまず読むべき本だと思います。

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)
ドナルド・A. ノーマン D.A. ノーマン
新曜社
売り上げランキング: 4041
おすすめ度の平均: 4.5
4 一読の価値ありです
4 Nice Argument for Usability, But Misses the Application
5 ほんと素晴しい本
5 エンジニアだけでなく、“経営者必読の書”と思う。
5 デザインの秘密

コンピュータ周りの UI に限らず巷では,「普通はこうするでしょー」とかいって,「普通」を強調する向きもいます。けれど,そういうのに限って「普通」がどんなことなのか,言葉で説明できない。このときの「普通」は,大抵,主観的な思い込みであることが少なくないわけで,「普通はこうする」と言ったところで,何も語っていないのと同じです。

UI ってのは,誰でも何かしら言えちゃう分野だから,少なくともコンセプトを明らかにするような言葉は,持っていた方がいいんだろうな,と思ったり,思わなかったり。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN