Entry

ブログ作法 - ブログにコメント欄なんていらないよ

2008年06月08日

こちらの話を読ませていただいて。高校生がネット上に「死ね」と書かれて自殺してしまった話(参照:<高1自殺>ネット上に「死ね」と書かれ苦に 北九州(毎日新聞) - Yahoo!ニュース)。

彼女に、今私が書いているこのエントリの趣旨、つまり、「ブログを持つならコメント欄は承認制にしなさい」ということを伝えることができていたなら、あるいは私がもっと早く決心していたなら、と悔やまれました。もちろんそれでその命が救われていたはずだと思い上がるわけではありませんが。

極東ブログ: もうコメント欄を承認制にしますよ。みなさんもそうしたほうがいいですよ。

うちのサイトにはコメント欄を設けていないので,ブログのコメント欄について云々できる立場にないとは思うんですけれど,5年近くも続けていると,それなりにあちこちから,意味不明なネガティブコメント付きでリンクされることはあります。リンクするのが手間だからか,「死ね」とかいった単純なコメントは,さすがにないですけどね。

で,そのネガティブなコメントを経由して,アクセス数がいきなり増えたりすると,ネットの片隅にある弱小ブログとしてはびびるわけで,実際それなりに悩むこともありました。あたしがブログをはじめたのは20代だったけれども,事件の高校生は10代だったわけで,こうした(人格形成上)危うい年代に,人格を否定されるのはかなりキツかったんじゃないかと想像します。

この点について,finalvent さんは「コメント欄の承認制」を提案なさっています。けど,あたしゃそんなもんすら必要ないと思っていて,端的に「コメント欄なんてなくしちまえ」とか思っていたりします。ついでに言えば,トラックバックもいらない。昔はブログの定義(みたいなもん)に「コメント欄があること」な要件を挙げる人もいたけれど,今ではわざわざ定義する必要もないくらいブログも一般化しました。コメント欄やトラックバックは,やりたい人向けの,マニアックなオプションとして用意しておけばいいんじゃないだろうか。

そもそも,コメント欄の必要性ってのはどういうものなのか,あたしゃこの点からして疑問に思っていたりします。よくある話はこういうもん。

  • 闊達な言論が交わされて,議論を成熟させる
  • コミュニティの形成に役立つ

まず,前者の話は,言論の自由市場論を前提にするもので,ありがちなブログ論でよく唱えられています。この話,ネガティブコメントとの関係で言うと,「批判」と「中傷」は違う!とかいった話に発展するわけですけれど,実際のところ「批判」と「中傷」は区別はつかないし,それを通じて議論が深まっているところを見たこともない。大体もって,ブロゴスフィアの言論をモデル化するにあたって,古典的でバタ臭い自由市場論を無批判に導入する根拠が不明です。つまるところ,こんなもんは,ただのキレイゴトなんじゃないか,と。

一方,前者にも増して致命的な動機に,後者が挙げられます。前者の動機とは対照的な醤油臭い動機で,ブログ上の言論と自分の人格を重ね合わせてしまうものです。あたしゃ,こういう動機の全てが悪いとは思わないけれども,そうした動機で参加する場合,よほど覚悟して望んだ方いい,と思っています。というのも,「そのブログ=あなた」を気に入ってくれる人間は,あなたが思っている以上に少ないはずから。ブログのコメント欄は,コミュニティを形成するには SN 比が低すぎます。少し前時代的だけれども,ニュースグループなり ML なりといったサービスを探す方がいいんじゃないでしょうか。

個人的に,自分が書いた記事と書き手である自分とは,ある程度距離を置いた方がいいんじゃないかと思っています。具体的に言うと,その記事に関する限り,最大の「支持者」であり,最高の「批評家」であり,最悪の「嘲笑者」であるのは「自分」である,とかいった位置に自分を置くということです。そうでもしないと,やってられん。

事件の高校生は,学校裏サイト上で攻撃されたそうですけれど,ブログのコメント欄でも似たようなことは当然予想されます。その場合,10代の彼/彼女に,上記のようなアクロバティックな作法を要求するのは酷なわけで,それならいっそのこと,コメント欄なんかない方がいいと思います。コメント欄を設けたところで,人格的に強くなるわけでもなけりゃ,弁舌が巧みになるわけでもない。ましてや,議論が深まるとかいった幻想も実現するはずがない(仮に深まったとしても,みんなすぐに忘れる)。リスクの割に得るものは少ない。

もしかしたら,そろそろ,匿名掲示板以上に属人的な要素を剥ぎ取ったメディアが,必要なのかもしれません。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN