Entry

ソウトウェア開発技術者試験に受かってたらしい

2008年06月16日

なんだか春になると,試験受けろ圧力が周りから出てくるもんで,昨年の基本情報技術者試験に続き,今回も半ば休日出勤モードで受験。もっとも,基本情報技術者のときはそれなりに勉強したんですけど,今回は,本当に参考書を一度も読まないくらいの勉強しなさっぷりだったもんで,合否以前に,はなから消化試合モードだったのでした(前日まで「行きたくねぇー」「寝ていたぁーい」と泣き言をたれてた)。

受験後の出来すらよく分かってない状況だったもんで……まぁまったく,よく受かったもんだ。てか,そゆ試験なのか?出来はぼちぼちだったので成績は自慢しない。てかできない。

ともあれ,あたしゃ情報系の学部・学科を出ていないもんで(※法学部卒),こゆテストが,(業界的にはさておき)専攻学科的にどのような位置付けにあるのか,あまり分かっていなかったりするのでした。例えば,基本情報技術者なら専門学校卒業程度,とかなんとかあるんじゃないかと思うんですけど,この資格はどの程度なんでしょ。

あたしの周りにいる人で,旧一種を持っている大卒の方がいるんですけれど(それ以上も持っているかは知らない),その人曰く「特別な勉強をしなくても在学中に取れちゃったよー」とか言ってたので,専門に勉強していた方からすると,その程度なのかもしれません。一方,あたしの業務からしてみると,ソウトウェア開発技術者は,薄く広い分野を試験することから,役に立つこととそうでないことの差が激しかったりします。多分,こゆのは教養の類なんでしょうから,取るならあたしみたいな年齢でじゃなく,若いうちに取っといた方がいいのかもしれませんね。周りの受験生も,年下が多かったみたいだし。

この春はとにかく業務が忙しかったんですけれど,最後のタスク(半笑い)が一段落して,ようやくやれやれといった感じ。読まないまま積みっぱなしになっていた参考書を売り行こう。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN