Entry

Zaurus SL-C3000 改造進捗 (2.8) - 内蔵 HDD の復旧あれこれ

2008年07月05日

OpenBSD/zaurus で内蔵 HDD をつぶしちゃったもんで,また分解するのかよー……とか思ってたんですけれど,どうもメンテナンスカーネルなんてもんがあるらしくて,助かりそうな雰囲気です。

メンテナンスカーネルは,「D + B + リセット」で立ち上げます。root でログインした後,fdisk してみる。

# fdisk /dev/hda
(snip)
Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 32.0GB, 32078036992 bytes
15 heads, 63 sector/track, 66298 cylinders
Units = cylinders of 945 * 512 = 483840 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda4   *         1     66298  31325773+  a6  OpenBSD

Command (m for help): d
Selected partition 4

Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 32.0GB, 32078036992 bytes
15 heads, 63 sector/track, 66298 cylinders
Units = cylinders of 945 * 512 = 483840 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System

つことで,OpenBSD のパーティションはこれで消えました(正確には w コマンドを渡さないといけないんだけど)。やれやれ……。も一回パーティションを切り直して出直しです。なかなか進捗が(3)に進まない……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN