Entry

Zaurus SL-C3000 改造進捗 (5) - やっぱり OpenBSD/zaurus を入れた

2008年07月10日

Linux 系の代替 OS で Marvell の LAN カードを使うのはキツそうなので,OpenBSD/zaurus 3.8 を入れることにしました。OpenBSD/zaurus だからできるってわけでもないんでしょうけれど,malo ドライバを持ってるだけまだ望みがありそうだったからです。前回は失敗したので,今回はリベンジ。

前回は中途半端にインストールしちゃって,トホホなことになったんですけれど,今回はちゃんと一からやりました。手順は,「OpenBSD/zaurus 作業記録」の通りです。

もっとも,上記記事も含めて,巷のインストール記事では,ネットワーク経由でインストールする方法を紹介しているんですけど,あたしは CF 経由でインストールしました。なぜなら……ネットにつながっていないからっ!でも,実際 CF 経由でインストールする方が,安全で早いと思います。

気をつけないといけないのは,同じカード経由でも SD カード経由では失敗する可能性が高い,ということ。どうも SD カード周りはドライバがアレなのか,tar がファイルを展開している最中に,invalid header なエラーを吐きまくって,まともにインストールできませんでした。CF カード経由では何事もなくインストールできたので,SD カードが鬼門ってことなんだと思います。

つわけで,とりあえず入るには入った。pdmXii みたいに変な言葉しゃべらないし,シンプルだから,個人的にはこっちの方が好みです。よーし!パパネットにつないじゃうぞぉー!

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN