Entry

やはり取り巻きは大切だと思った

2008年08月05日

オタクが好きなものをオタクを自称しない人が好きになることもあると思うんですけど,その人が「私オタクじゃない」って言うのを見ると,やはり,取り巻き悪いから,そんなこと言っちゃうのかな……と,心の中で1msくらい反省しました。アニメは好きだけど,こいつらとは一緒になりたくないヨ!ってなてな……。

私が・・・真性の・・・オタク?

絵とか描くのは単に好きだからってだけだけど・・・熱く語ってたっけ?

・・・あ、あいでんてぃてぃ・くらいしす・・・orz

まりねこさんはこのように返事をしているが、漫画やアニメっぽいキャラクターイラストを描いて、ネットで発表するという行為はオタクと言われても不思議ではありません。また、ブログ上でアニメに対して、長文の感想を書いていれば、「熱く語っている」と言われるでしょう。

まりねこさんの「アニメオタク男たちの暑苦しさ」という記事について - ARTIFACT@ハテナ系

こういうのって,オタクと非オタクの境界に立つような立ち位置だから,どちらからも好意的に受け取られる可能性がある一方で,どちらからも嫌われる可能性もあるわけで,政治的にリスキーだと思います。

ところで,取り巻きの良さ/悪さが,対象そのもの(取り巻かれ)の印象と密接につながってるんじゃないか,といった話は,以前したことがあったのでした。ちょっと話が逆になってるとこもあるんですけど,一応あげておく。

先日,友人と「『ジャズ』は好きだけど『ジャズ好き』には馴染めない」とか「『コンピュータ』は好きだけど『コンピュータ好き』はどうなんだろう」とかいうことってあるよねー……といった話をしました。つまるところ,「取り巻きが悪い」といった話。

qune: 取り巻きで布教するという話

「アニメオタクは,アニメが好きで熱く語って……」とかいうように,アニメオタクのアニメに対する接し方についての認識は,一般的にあると思うんですけど,オタク(あるいはコミュニティ)の外にいる人からすると,他にももっと色々なモノが見えているのかもしれない。例えば,「暑苦しい」とか。例えば,「非モテ」とか。アニメと全然関係ないところ(特にネガティブな部分)も,アニメオタクの要素としてとらえられているところがあるわけで,こりゃもうしゃーないな,とか思うしかなかったりして。あはは。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN